ぼくのとなりにきみ  小嶋陽太郎   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくのとなりにきみ (一般書) [ 小嶋 陽太郎 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/21時点)




2017年2月発行 ポプラ社 263p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

慎重で大人っぽいサクと、スポーツ万能で天真爛漫なハセは、仲良し中1男子コンビ。夏休みの最終日、町の古墳へ冒険に出た2人は、謎の暗号を拾ってくる。教室で解読にいそしんでいると、いつもフシギな行動が目立つ近田さんが割りこんできて、暗号調査隊に加わることに。最初は乗り気になれないサクだったけれど、無防備な笑顔やまっすぐに歌う姿を見るうち、近田さんが気になっていく。彼女の奇行には、どうやら秘密があるようでー。きみを助けたいと思う気持ちが、自分の弱さに気づかせてくれた。3人組が起こすキュートな奇跡!

【感想】

   中一の夏、
   古墳探検からはじまる、
   サク君のお話。

   ちょっとうまくいってない学校生活、
   家族へのわだかまりに
   それぞれ変化を起こす。

   あー、胸がきゅんきゅんして、鼻の奥がツンときた。

   よかった。

   サク君と同年代の子にいっぱい読んでもらいたい。
   もちろん大人にもね。

スポンサーサイト

政略結婚  高殿円   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

政略結婚 [ 高殿 円 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/21時点)




2017年6月発行 KADOKAWA 360p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
加賀藩主前田斉広の三女・勇は、加賀大聖寺藩主前田利之の次男・利極と結婚。やがて家を支える存在になる勇だがー(「てんさいの君」)。加賀藩の分家・小松藩の子孫である万里子。日本で初めてサンフランシスコ万博の華族出身コンパニオン・ガールになった女性は、文明開化後をどう生きるのかー(「プリンセス・クタニ」)。瀟洒豪壮な洋館に生まれ育った花音子の生活は、昭和恐慌によって激変。新宿のレビュー劇場に立つことになった花音子は一躍スターダムにのし上がるがー(「華族女優」)。不思議な縁でつながる、三つの時代を生き抜いた女性たち。聡明さとしなやかさを兼ね備え、自然体で激動の時代を生き抜く彼女らをドラマチックに描き出した、壮大な大河ロマン!

【目次】(「BOOK」データベースより)
てんさいの君/プリンセス・クタニ/華族女優

【感想】

   江戸時代、明治大正時代、昭和時代に生きた、
   加賀前田藩にゆかりある三人の女性の、
   自由に生きづらい家格の中で、
   それでもそれぞれ自分らしく生きた様子を描く。

   タイトルが直接的に関係するのは第一話だけかな?

マウンドの神様   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マウンドの神様 (実業之日本社文庫) [ あさのあつこ ]
価格:640円(税込、送料無料) (2017/7/21時点)




2017年6月発行 実業之日本社文庫 288p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

対戦する甲子園本命校のエース優一は、かつて颯太とバッテリーを組んだ親友で…(「絶対的最後」)。高3の夏、補欠の「僕」に訪れた驚くべきチャンスとは!?(「あの日、監督がうなずいていれば、僕はー」)。“聖地”を目指し、切磋琢磨する球児たちの汗、涙、そして笑顔。野球を愛する人気作家が個性あふれる筆致で紡ぎ出す、小説6編、エッセイ2編。

【目次】(「BOOK」データベースより)

梅里駅前商店街の熱い風(あさのあつこ)/絶対的最後(朝倉宏景)/わが家の高校球児(荻原浩)/あの日、監督がうなずいていれば、僕はー(早見和真)/カープレッドよりも真っ赤な嘘(東川篤哉)/空くじなしの宝くじ(宮下奈都)/肩車の権利(額賀澪)/甲子園に帰る(須賀しのぶ)


【感想】

   野球小説はいいなあ。
   野球エッセイはいいなあ。
   そしてやっぱり野球はいいなあ!
   って気持ちになる小説6編、エッセイ2編が入ったアンソロジー。

   1編がプロ野球でそれ以外は高校野球を扱っていて
   この季節にぴったり。

   参加作家さんは
   小説のほうがあさのあつこ・朝倉宏景・早見和真・東川篤哉・
   額賀澪・須賀しのぶの皆さんで、
   エッセイのほうが荻原浩・宮下奈都のお二人。

   どれもいいけど
   小説の中では額賀さんのがいちばん好みでした。

終電の神様  阿川大樹   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

終電の神様 (実業之日本社文庫) [ 阿川大樹 ]
価格:640円(税込、送料無料) (2017/7/21時点)




2017年2月発行 実業之日本社文庫 315p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

父危篤の報せに病院へ急ぐ会社員、納期が迫ったITエンジニア、背後から痴漢の手が忍び寄る美人ーそれぞれの場所へ向かう人々を乗せた夜の満員電車が、事故で運転を見合わせる。この「運転停止」が彼らの人生にとって思いがけないターニングポイントになり、そして…あたたかな涙と希望が湧いてくる、感動のヒューマン・ミステリー。

【感想】

   売れています~と聞いて読んでみました。

   なるほど!

   人生に疲れたり足踏みしたりしている人たちが
   事故で電車が停まってしまったことにより
   転機を得て再び歩み出す短編集。

   とても読みやすく、しみじみ沁みる。

パーマネント神喜劇  万城目学   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パーマネント神喜劇 [ 万城目 学 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/21時点)




2017年6月発行 新潮社 240p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「今からあんたの願いをひとつだけ叶えてあげる」。デートの途中、突然時が止まった。動かない街に現れたのは、「神」と名乗るアヤしげな男たち。肩を叩かれ戻った世界は、あれ、何かが違う…?笑って笑って最後にほろり。わちゃわちゃ神頼みエンターテインメント。

【目次】(「BOOK」データベースより)

はじめの一歩/当たり屋/トシ&シュン/パーマネント神喜劇

【感想】

   ほのぼのそしてふふっと笑える、
   小さな神社の神さまたちが人間にちょっかいを出した顛末。

   万城目さんにしてはこじんまりとしたお話だけど、
   とても微笑ましくて、
   わたしは好きだなあ。

   「当たり屋」がいちばん好き。

   万城目さんの他作品とのリンクあり。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。  川上和人   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。 [ 川上 和人 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)




2017年4月発行 新潮社 224p

【内容情報】(出版社より)

出張先は火山、ジャングル、無人島……センセイ、ご無事のお戻り、祈念しております。必要なのは一に体力、二に体力、三、四がなくて、五に体力?! 噴火する火山の溶岩、耳に飛び込む巨大蛾、襲い来るウツボと闘いながら、吸血カラスを発見したのになぜか意気消沈し、空飛ぶカタツムリに想いをはせ、増え続けるネズミ退治に悪戦苦闘するーーアウトドア系「鳥類学者」の知られざる毎日は今日も命がけ! 爆笑必至。

【感想】

   主に小笠原諸島での調査をもとに、
   鳥についてのあれこれを語る。

   ふざけてないと死ぬの?ていうくらいに
   冗談をふんだんにまぶしながら語られる
   学術的な知識がとても興味深く面白く読め、
   人気があるのもうなずける。

   ただ私は、ここまで冗談が混じっていないほうが好み。

左京区桃栗坂上ル  瀧羽麻子   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

左京区桃栗坂上ル [ 瀧羽 麻子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/21時点)




2017年6月発行 小学館 336p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

わたし、お兄ちゃんのおよめさんになる。ときめく「左京区」に、やさしい愛があふれ出すー誰もが恋したくなる!超好感ラブストーリー。

【感想】

   京大生を主人公に、
   京都市の左京区を舞台として恋愛模様を描く
   左京区シリーズ第三弾。

   いやあ、かわいいねえ!
   かわいいねえ!
   かわいいねえ!!

神さまたちの遊ぶ庭  宮下奈都  ★   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神さまたちの遊ぶ庭 [ 宮下奈都 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)




2017年7月発行 光文社文庫 336p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

北海道のちょうど真ん中、十勝・大雪山国立公園にあるトムラウシ。スーパーまで三十七キロという場所へ引っ越した宮下家。寒さや虫などに悩まされながら、壮大な大自然、そこで生きる人々の逞しさと優しさに触れ、さまざまな経験をすることになる。『スコーレNo.4』の宮下奈都が「山」での一年間を綴った感動エッセイを文庫化。巻末に、「それから」を特別収録。

【感想】

   よい!よい!
   何度読んでもよい!

   大自然の中で、
   小さなコミュニティの中で、
   生きることについての深い真摯な思いに
   背筋を伸ばされ、
   日々の楽しいエピソードや
   宮下さんの突っ込みに
   ぷぷっと笑わされ、
   そのふたつのミックス具合が絶妙で
   もはや名人芸。

   文庫に足された「それから」「あとがき」で
   なっちゃんをはじめとするトムラウシの皆さんの
   その後が知れてそれもうれしい。

   トムラウシという地域に、
   宮下家というご家族が移住されて、
   それを宮下さんが文章になさるという、
   それこそ神さまからのプレゼントのような一冊。

書店ガール6 遅れてきた客  碧野圭  ☆   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

書店ガール 6 遅れて来た客 (PHP文芸文庫) [ 碧野圭 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)




2017年7月発行  PHP文芸文庫 283p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

彩加が取手の駅中書店の店長になってから一年半、ようやく仕事が軌道に乗り始めたと感じていたところ、本社から突然の閉店を告げられる。一方、編集者の伸光は担当作品『鋼と銀の雨が降る』のアニメ化が決定して喜ぶものの、思わぬトラブル続きとなり…。逆境の中で、自分が働く意味、進むべき道について、悩む二人が見出した答えとは。書店を舞台としたお仕事エンタテインメント第六弾。文庫書き下ろし。

【感想】

   駅中書店の店長・彩加とラノベ編集者・伸光。

   彩加は店の存続で、
   伸光は担当作品のメディアミックス化で、
   それぞれ逆境を迎え、
   うわーどうなるの~とドキドキしながら読みましたが、
   矜持を持って事に当たり壁を打ち破るのに感動!

   二人の行動はもちろん、
   書店や出版社の様子がリアルで、
   夢物語じゃないこれぞ『書店ガール』の世界だ!と
   とてもうれしかったです。

   これからもこのシリーズが続きますように!

蒼のファンファーレ  古内一絵  ☆   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蒼のファンファーレ [ 古内 一絵 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/12時点)




2017年6月発行 小学館 312p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

藻屑の漂流先と揶揄されていた廃業寸前の厩舎。芦原瑞穂という女性騎手の真摯な姿勢と情熱でメンバーが一つになり、大きな夢であるG1桜花賞に挑戦、惨敗した翌年。場違いな超良血馬がやってくる。馬主はメディアでも有名な風水師。一体、なぜ…?そして、厩舎のメンバーに様々な事件が降りかかる。それらを乗り越えた彼らが再び一丸となって臨む、大きな大きな夢の行方は…?

【感想】

   うわあ!

   プロローグの情景が目に浮かぶ文章で
   あっという間にひきこまれ、一気読み!

   藻屑の漂流先と揶揄される緑川厩舎の、
   瑞穂をはじめとする人間たちと
   フィッシュアイズをはじめとする馬たちの、
   逆境に負けない奮闘に胸が熱くなる。

   終盤の盛り上がりはもう最高!