FC2ブログ

匿名者のためのスピカ  島本理生   



匿名者のためのスピカ

匿名者のためのスピカ
著者:島本理生
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年7月発行 祥伝社 245p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

法科大学院生の笠井修吾は同級生の館林景織子に、衝撃の過去を告白される。いまでもその彼らしき人物から執拗なメールが届くと怯える景織子を修吾は守ると誓った。交際を始めた二人だったが幸せな日々は突然終わりを告げる。元彼の高橋が景織子の弟に暴行を働き、彼女を連れ去ったのだ。だが実は、景織子は自ら高橋の車に乗り込んでいた。なぜ彼女はストーカーまがいの男と行動をともにするのか?彼女の真意とは?東京から日本最南端の島・波照間島へ、修吾は彼らを追うが…。著者が初めて挑む極限の恋愛サスペンス!

【感想】

   ゆがんだ親子関係、DV、ネグレクト、ストーカー…。

   そういうのを抱えた若者たちの
   恋愛サスペンス。

   彼らの気持ちが痛々しく迫り、
   緊張感あふれていて
   お話として面白いけれど、
   こういうことは実際にはないといいなって思った。

スポンサーサイト



Red  島本理生   



2歳の娘を持つ塔子は、友人の結婚式で元恋人と再会。引き寄せられるように快楽の世界へと足を踏み入れていくーー。島本理生の新境地

Red

Red
著者:島本理生
価格:1,836円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2014年9月発行 中央公論新社 415p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

三年間もセックスレスじゃなかったらー大人の恋愛と官能の世界。妻、母を生きる女が一線を越えるとき、そこにはどんな世界が待っているのかー。充実した毎日を送っていたはずの女は、かつての恋人と再会し、激しく身体を重ねた記憶に導かれるように快楽の世界へと足を踏み入れていく。島本理生が官能の世界に初めて挑む!

【感想】

   専業主婦だった塔子(アラサー)が、
   昔の恋人と再会しよりを戻し(不倫)、
   仕事もまた始め周囲にその働きを認められて…
   っていうお話。

   なに不自由ない生活で、まぁいろいろ不満があるにしろ、
   見た目がきれいで仕事の能力もあり、
   不倫相手に会いに行く前に体型を戻すために
   姑さんに幼い子供を預けてスイミングに行けるとか、
   不倫相手からもらったグッチの腕時計は喜んで   
   だんなからもらった2万弱のストールには(心の中で)文句をつけるとか、
   塔子うらやま。

   子供の前で夫婦喧嘩とか、
   翠(塔子の娘)かわいそ。

   分厚いけれど一気には読ませます。

よだかの片想い  島本理生   


よだかの片想い

よだかの片想い
著者:島本理生
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年4月発行 集英社 226p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

顔の左側をおおったアザ。からかいの対象にされ、恋愛はあきらめていた。けれど、映画監督の飛坂逢太と出会い、世界がカラフルに輝きだす。24歳にして恋愛経験値ゼロの理系大学院生アイコ。女性に不自由しないタイプの飛坂の気持ちがまったくわからず、時に暴走したり、妄想したり、大きく外したり。一途な彼女の初恋の行方は…!?切なくもキュートなラブ・ストーリー。

【感想】

   顔の左半分に広がるあざが理由で
   殻にこもっていた24歳女性・アイコは
   本の取材をきっかけに
   一人の男性と知り合い世界を広げていく。

   それは決して順風な道ではなかったけれど、
   彼女は腰を据えて真直ぐで、
   とても魅力的に輝いていきました。

   美しい夜空へと変貌をとげた彼女の姿に泣く。

   アイコの周りにいる、
   アイコの本質を見てくれたような人に
   私はなっているだろうか。

   そんな自問自答をつきつけられる
   読後感でもあります。

B級恋愛グルメのすすめ  島本理生   

美食と美酒のあるところに恋の香りあり!
ふらっと出掛けた街角で見つけた美味しい恋と食のエピソードに、男女を隔てる永遠の謎。すぐ傍にある日常的な出来事たちを恋愛小説の書き手の視点で見ると……? 等身大で赤裸々な傑作エッセイ!

B級恋愛グルメのすすめ

B級恋愛グルメのすすめ
著者:島本理生
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年2月発行 角川書店 189p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

男女がテーブルを囲むとき、思いもよらぬできごとが…?共感度抜群!やみつきになる絶品ラブ&イートエッセイ。

【目次】(「BOOK」データベースより)

ラーメン女子の実態/日本酒よもやま/危険な夏の恋がしたい/手料理でポイントを稼げ!/カテゴライズできない男子/美味しいクリスマスのために/女子力よりも童女力/自由であたたかな海/フランス映画に学ぶ/男の色気とは(初心者編)〔ほか〕

【感想】

   あのひりひりとした恋愛小説を書かれる島本さんが!
   こんな方だとは!
   と驚いたエッセイ。

   なかなか豪快。
   美味しい料理とお酒のお話がたっぷりと。
   恋愛話もあります。

   楽しかったですー。

   そりゃあ、作品と作家さんは
   イコールではないよねと再認識。

   そういえば、島本さんは
   芥川賞と直木賞の両方で
   候補になってらっしゃるんですね。

   今後はどうなられるかな。

七緒のために  島本理生   



主人公の私=雪子は中学2年生。以前通っていた女子校に馴染めず、東京の中学校へ編入してきた。そのクラスで出会った本好きの少女・七緒に誘われて美術部に入り、予測のつかない彼女の言動に翻弄されながらも、きらめくような日々をともに過ごす。しかし次第に七緒がクラスから浮いていること、その言葉にウソが混じっているらしいことに気づき始める。美術教師の突然の死やカウンセラーとの関わりの中で、ふたりが共有した真実と嘘の間で揺れ動く私。やがてある事件を経てふたりは疎遠になっていく・・・。
純粋さゆえに傷つけあう少女同士の関係、友情の輝きと痛みが詩情あふれる筆致で描かれた珠玉作。

七緒のために

七緒のために
著者:島本理生
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年10月発行 講談社 205p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

二度と還らない友情のきらめき、そして痛み。純粋さゆえに傷つけあう少女の日々を描く、珠玉の物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)

七緒のために/水の花火

【感想】

   2010年発表の「七緒のために」と
   2001年発表の「水の花火」。

   10年の間をあけて書かれた二つの小説。
   どちらも少女の友情、が書かれているのだけど、
   近づこうとすると傷つけあう彼女たちが痛々しくて美しくて、
   ただただ見つめるしかできなかった。

   実際のところ、七緒や雪子ほど
   生きにくさを感じている少女は少ないかもしれないけれど、
   それでも彼女らは大なり小なり
   苦しさを抱えて生きているのだろう。

   世の中の少女たちがみな幸せであることを
   祈らずにはいられません。
   本書を読み終えてそう思いました。

アンダスタンド・メイビー  島本理生



少女は踏み込んだ、愛と破壊の世界へ。デビュー10周年記念書き下ろし作品。恋愛小説の枠を超えた恋愛小説の誕生です。


アンダスタンド・メイビー(上)


アンダスタンド・メイビー(下)

2010年12月発行 中央公論新社 上巻367p 下巻333p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「おまえは俺のこと、見つけられるって」少女は踏み込んだ、愛と破壊の世界へ。

「どうか私だけの神様になって」ファインダーを通して見ていたのは誰の秘密なのか。デビュー10周年記念書き下ろし作品。

感想

   黒江・中学生から10年ほどのお話。
   危なっかしい子だな~と思っていたら
   やっぱり危険な目にばかりあって。

   これからもきっとこういう風に
   ふらふらとした人生を送っていくのだろうな。
   人の娘ながらとても心配。

   下巻では なぜ黒江がこのようになったのかを
   解き明かしていきます。
   
   写真という自分を表現できる手段を手に入れて
   黒江が自分を大切に出来るようになればいいな。
   

真綿荘の住人たち  島本理生   

レトロな下宿、真綿荘に集う人々の恋はどこかいびつで滑稽で切ない……。不器用な恋人達、不道徳な純愛など様々なかたちを描く


真綿荘の住人たち

2010年2月発行 文藝春秋 275p 

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

奇妙な恋、奇妙な幸せ。いびつで切ない下宿物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)

青少年のための手引き/清潔な視線/シスター/海へむかう魚たち/押し入れの傍観者/真綿荘の恋人

感想

   最初の頃は 風変わりな人たちの集まる真綿荘にやってきた
   単純で素直な大学生・大和君の成長を
   見守るお話のようだったのですが
   そこは 島本さん、一筋縄ではいきません。

   ラスト二章で がらりと雰囲気をかえて
   いびつな愛情に決着がつけられました。
   純愛といえば純愛なのかな~。
   ふつうではない、と思われる
   (ふつうって 何?ということもありますが そこはおいといて)
   愛情って うらやましいようで 私には
   やっぱり なんだか 怖いです。

君が降る日  島本理生   


君が降る日

2009年3月発行 幻冬舎 258p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

恋人・降一を事故で亡くした志保。彼の母親が営む店を手伝う彼女の前に現れたのは、その事故の原因をつくった五十嵐だった。彼の存在を受け入れられない志保だったが、同じ悲しみを抱える者同士、少しずつ二人の距離が近づいていく…。「君が降る日」他、二編収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)

君が降る日/冬の動物園/野ばら

感想

   「君が降る日」
   これはキツい。
   互いに魂をぶつけ合うかのような志保と五十嵐の付き合い方が
   痛々しい。
   志保には帰る家があって そして 
   感情の落としどころがみつかりそうですが
   五十嵐さんにも 平穏な未来がやってくるといいのですが。

   「冬の動物園」
   森谷君が カワイイ。
   シスコン気味だけど 明るくって礼儀正しくって
   こんな子がいたら 絶対に惚れてしまうでしょ。和みました。

   「野ばら」
   祐くんが報われないなぁ。
   男女の友情は難しいっていうお話・・・ですよね。

   「君が降る日」と「野ばら」は
   剃刀の歯を ずっと突きつけられながら
   読んでいるような気持ちがしました。
   
   「一秒先になにが待ち受けているのか分からない毎日の中で、
    普通に生きて明日を紡いでいくことが一番難しいと思います。」
   ・・・・著者あとがきより
   日々の平穏に感謝しながら 今日も生活していきたいと思います。

波打ち際の蛍  島本理生   



2008年7月発行 角川書店 203p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

DV、刻まれた怯え、求める心と拒む身体―痛みを超えて、もういちどわたしたちは、恋をする。

感想

   主人公の川本麻由(20代・けっこうかわいい)は 元カレのDVで
   うまく生きられなくなっています。
   カウンセリングで通っていた診療所で
   植村蛍(30歳前後・背が低い・見た目がいい感じ)に出会い
   お互い 一目ぼれっぽく だんだん付き合いを深めていきますが
   以前の記憶のせいで 関係はもどかしく すれちがいなども起こり
   せつないですね。
   
   重いテーマなのですが
   元カレをのぞいては 登場人物はいい人が多く 
   切なさの中にも 爽やかさがありました。
   (元カレは 話の中でしかでてきません。)
   中でも 麻由の従兄弟のさとる君がいいキャラでした。
   麻由の救いになっていると思います。

  
   

クローバー  島本理生 



2007年11月発行 角川書店

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ワガママで思いこみが激しい、女子力全開の華子。双子の弟で、やや人生不完全燃焼気味の理科系男子冬冶。今日も今日とて、新しい恋に邁進せんとする華子に、いろんな意味で強力な求愛者・熊野が出現。冬冶も微妙に挙動不審な才女、雪村さんの捨て身アタックを受け…騒がしくも楽しい時は過ぎ、やがて新しい旅立ちの予感が訪れる。理想の人生なんてありえないけれど、好きなひとと手をつないで、明日も歩いてゆきたい―。『ナラタージュ』の島本理生がおくる、キュートで痛快、せつなくて愛おしい、最新恋愛長編。

感想

   島本理生にしては とっても普通のお話です。