FC2ブログ

年下のセンセイ  中村航   



年下のセンセイ

年下のセンセイ
著者:中村航
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2016年1月発行 幻冬舎 252p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

みのり28歳。恋は3年していない。美味しい料理があって、気が置けない友達がいて、わたしの生活はどうにか回っている。そんなとき、通い始めた生け花教室で、8歳年下の透と出会い…。でも、この気持ちは封印しなければいけない。
スポンサーサイト



世界中の青空をあつめて  中村航   



世界中の青空をあつめて

世界中の青空をあつめて
著者:中村航
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年10月発行 キノブックス 227p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

祖父母の手紙を通じて出会った二人は、かつて少年少女だった5人の、叶わなかった夢のその先を探す旅に出るー。1964年、東京。そこには確かに5人の“約束”があった。「デビクロくんの恋と魔法」「100回泣くこと」作者が描く、大人の“あわキュン”小説誕生!

【感想】

   読み終えて、さわやかな気分になったよ。

   挫折して故郷に帰った若者が
   祖父の人探しを手伝ううちに
   前を向いて行く。

   二人をつなぐのは
   二つの東京オリンピック。

   いろいろけちのついている東京オリンピックだけど
   こういうことが実際にどこかでおこっているといいなあ!

トリガール!  中村航   



トリガール!

トリガール!
著者:中村航
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年8月発行 角川マガジンズ 251p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「きっと世界で一番、わたしは飛びたいと願っている。」鳥人間コンテストに夢をかけろ!空飛ぶ青春部活小説。

【感想】

   大学に入学し、
   鳥人間コンテストに参加するサークルに入ったゆきな。

   あまり乗り気ではなかったけれど
   パイロットの1人として
   だんだんアツくなっていき成長する日々を
   楽しく読みました。

   サークルの人々が真剣にコンテストに取り組む様子もいい!
   (ペラ夫さん、最高~)

   時折挟み込まれるコミカルなやり取りも楽しいアクセント。

   毎年夏に放送されている鳥人間コンテストの裏では
   こんな地道な取り組みと
   いろいろな人間模様があるんだろうな~。
   来年から見る目が変わりそう。

   ゆきなたちの奮闘の結果はぜひ読んで確認してみてください!
   ぎゃふん!

恋するスイッチ  中村航/宮尾和孝 

恋するスイッチ

恋するスイッチ
著者:中村航
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年5月発行 実業之日本社 95p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

スイッチを押したみたいに私は恋に落ちたのです。恋する私にだけ見えるどこよりも鮮やかな世界。四季をめぐる女子の冒険を瑞々しい言葉と繊細なイラストで紡ぐ絵本。『星空放送局』『オニロック』に続く第3弾。

【感想】

   読了っていうのがそぐわないかわいらしい絵本。

   女の子が好きな人と過ごす春夏秋冬。

   ファンタジックでロマンチックでほわほわと優しい。

   恋する女の子の心の中は
   こんな風な世界が広がっているのかもしれないね。

星に願いを、月に祈りを  中村航 ★ 



「100回泣くこと」作者の新たなる代表作

小学生のアキオ、大介、麻里は、夏の学童キャンプで、夜、ホタルを見るため、宿を抜け出し、川に向かう。ようやく川にたどり着いた3人は、偶然ラジオから流れる謎の深夜放送を耳にする。その後、中学で野球部に入ったアキオは、一学年先輩の放送部員・里崎さんを好きなるが、告白できないまま、時間が経過する。高校生になったアキオは、夏休みに、かつてのキャンプ場を訪れ、再び謎のラジオ番組を聞き、あることに気づく。そして、さらなる時間が流れ、アキオたちは大人になった。物語は、大きく動き始めるーー。

【編集担当からのおすすめ情報】
07年刊行の絵本「星空放送局」から着想を得て、約5年の歳月を経て出来上がった小説が本作になります。イラストレーター宮尾和孝さんとのコラボレーションが、本小説でも堪能できます。


星に願いを、月に祈りを

2012年4月発行 小学館 345p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ひとは流れ星を見ると、なぜ願い事をしたくなるんだろう。それぞれの章の物語が最後でひとつに繋がる、恋愛×青春×ミステリー。累計50万部突破のロングセラー「100回泣くこと」作者の新たなる代表作。

感想 

   ハロー、ハロー、こちらは星空放送局。
   で始まり、
   どうか君の夜空に、優しい星が流れますように。
   で終わる物語。

   好きな人のことを一心に思う物語。

   切なくて素敵。
   少年少女が大きくなり色々なことが繋がり一つの結末へ。
   
   夢みる気持ちで読み終えました。

   途中にはさまれた
   「嘘つきなうさぎくんと真っ黒なカラス」の童話には
   泣けました。

   同じ中村さんの『星空放送局』という本も
   読んでみたいです。


あのとき始まったことのすべて  中村航 「今日どんな本をよみましたか?(197361)」 

名手が贈る、恋愛小説の新たな傑作あのとき始まったことのすべてを大切にしたい。中学の同級生との再会から、僕の中でふたたび何かが動きはじめた……。大ベストセラー『100回泣くこと』の著者が贈る、ノスタルジーとせつなさ迫るラブ・ストーリー。


あのとき始まったことのすべて

2010年3月発行 角川書店 293p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

確かなのは、僕らは今を生きるしかないということだ。社会人三年目─中学の同級生との十年ぶりの再会。それが、僕らのせつない恋の始まりだった…。

感想

   中学の同級生が10年ぶりに会って
   恋に落ちるかわいいラブストーリー。
   
   中学の頃から傍目にはとてもよいコンビだった
   岡田君と石井さん。
   でも本人たちはそれを恋とは気付かないまま
   卒業と共に会わなくなって
   10年後に共通の知人を通じて再会して
   その日から恋が始まる。
   
   中学の時に同じ班だった白原さんの
   中学の時の話をはさむことで
   岡田くんと石井さんがどんな中学時代を過ごしたのかも
   わかるのが お話に深みを出していて
   うまいな~。

   ポケットに入っているもの、とか
   好きな子のパーカーのフードには何かを入れたくなる、とか
   複雑に折ったお手紙、とか
   男子は意外なところで女子に会うと好きになっちゃう、とか
   なんだかひとつひとつのエピソードが
   きらきらしていて 甘酸っぱいですね。

   岡田君の職場の先輩の門前さんが
   とてもいい味を出しています。
   門前さんによると
   女の子は「サラダガール」「お肉姫」「米飯娘」の三種類で
   男の子は「ドレッシング」「たれ男」「ふりかけ野郎」の三種類。
   組み合わせを間違えると 
   付き合ってもうまくいかないんですって!

僕の好きな人が、よく眠れますように  中村航 「今日どんな本をよみましたか?(197358)」 



2008年10月発行 角川書店 215p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

こんなに人を好きになったことはありますか?どうしようもなく惹かれあう僕と彼女。だが、ふたりには恋が許されない理由があった…。『100回泣くこと』を超えた、今年最高のラブ・ストーリー。

感想

   むずかしいなぁ。不倫ものなんですよね。
   でも 二人のラブラブぶりがほほえましいし
   「・・・なのは~~だけかしら」を列挙することや
   (「あなたが欲しいのは、焼き鳥だけなのかしら。」
    「今溢れたのは、ビールの泡だけかしら。」など・・本文38ページ)
   「全てのカップルの敵」とは
   「門限」「つまらない映画」「残業を強要する上司」などなどである
   (・・・本文115ページ)
   といった 会話遊びがおもしろい。
   木戸先輩も すごく個性的でいい味だしています。

   でも そんなに好きあっているなら夫婦関係のほうは
   解消する方向に 何か働きかけをする動きがあってもいいかなぁとも
   思うんですよねぇ。