FC2ブログ

仮面の君に告ぐ  横関大   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮面の君に告ぐ [ 横関 大 ]
価格:1674円(税込、送料無料) (2018/2/20時点)




2017年12月発行 講談社 322p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

涌井和沙は、気がつくと病院のベッドにいた。戸惑ううちに、「モリさん、目が覚めたんですね」と看護師から声をかけられる。鏡をのぞいた和沙は驚愕する。そこに映っていたのは赤の他人ー森千鶴だった。パニックになった和沙は、恋人の早田慎介を頼ろうとするも、彼は自分に気づいてくれない…。胸が押し潰される中、追い打ちをかけるように新たな事実が判明する。一年前、和沙は何者かに殺害されたというのだ。千鶴の弟・潤の力を借り、少しずつ事態を把握していく和沙だったが、慎介が不穏な動きを見せ始め…。カップルに訪れた奇跡の十日間。真相に思わず“震える”再読必至のミステリー!

【感想】

   目覚めたらそれは他人の体だったという女性と、
   その女性と婚約していた男性。

   そして実はその女性は一年前に殺されていて
   男性は真犯人をつきとめようとしている…という
   ミステリ+超常現象。

   最後の最後にタイトルのほんとうの意味がわかる。

スポンサーサイト



ピエロがいる街  横関大   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピエロがいる街 [ 横関 大 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/12時点)




2017年5月発行 講談社 256p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

比南子はスローガン「会いに行ける市長」を掲げる宍戸市長の秘書だ。しかし兜市は財政難で、市民の小さな願いごとを叶える余裕はない。そんな兜市では、夜になると市民の悩みを解決するピエロが現れる。大学生の稜が「就職、したいです」とピエロに相談すると、稜はピエロの助手に採用された。迷子の犬捜しから、台風、汚職、財政難まで、次々と襲いくる危機に市長とピエロは立ち向かう!

【感想】

   ほおほお。

   「会いに行ける市長」がいる小さな市の
   夜になると現れるピエロ。

   迷い犬探しや
   就職できない大学生の後押しなどから、
   殺人事件まで、
   人助けに積極的に動く。

   それが市長の仕事とリンクしているんだなあ。

   とってもよい気持ちになる楽しいお話でした。

マシュマロ・ナイン  横関大   



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

マシュマロ・ナイン [ 横関 大 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)




2016年7月発行 角川書店 320p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

プロ野球選手だった小尾は、身に覚えのないドーピング疑惑で球界を追われる。それから3年が経ち、家族とも別れ私立高校の臨時体育教員として働く小尾は、校長から突然の呼び出しを受け、野球部の監督就任を要請される。だがその野球部は、不祥事を起こして無期限の活動停止になった相撲部の部員を転籍させて創られたものだった…。挫折からの再起を図る中年男が、並外れた体重と食欲を持つが、野球は素人のぽっちゃり男子たちと甲子園を目指す!

【感想】

   活動停止になった相撲部が野球部となり、
   ドーピングでプロ野球を追われた人物を監督に迎えて
   甲子園を目指す青春小説+ドーピングをめぐるミステリー。

   高校生たちの元相撲部ならではの
   動きと食欲が可愛い。

   ありえない話かもしれないけれど、楽しかった!

ルパンの娘  横関大   



ルパンの娘

ルパンの娘
著者:横関大
価格:1,674円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年8月発行 講談社 341p

【内容情報】(出版社より)

三雲華(みくも・はな)は恋人の桜庭和馬(さくらば・かずま)の家に挨拶に行くこととなった。緊張する華にたいして、和馬は優しく話しかける。ついに桜庭家に到着した華は、玄関に飾られていた桜庭家の家族写真を見て唖然とした。全員が警察の制服らしき服装に身を包み、それぞれ敬礼のポーズをしていたからだ。
最悪だった。華が育った三雲家は、代々泥棒を生業としており、一家全員が盗人だったからだ。
果たして華と和馬の恋はうまくいくのかーー。

その後のある日、荒川の河川敷で男の焼死体が見つかり、和馬は現場に急行した。
その被害者は華の祖父、三雲巌(いわお)だった。
超一流の泥棒であった祖父を殺した犯人とはーー。

読み進めるほどに出てくる衝撃の展開と新たな謎。1ページも目が離せない、気鋭乱歩賞作家の勝負作!

【感想】

   つきあっている彼の家に行くと
   家族はみな警察官だった。
   そして自分の家族はみな泥棒!という
   ふたりとふたつの家族のてんやわんや。

   そしてある殺人事件。

   おいおい、っていうつっこみどころはあったけれど、
   登場人物は面白いし、
   お話も軽妙で楽しかった!

スマイルメイカー  横関大   



スマイルメイカー

スマイルメイカー
著者:横関大
価格:1,674円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年5月発行 講談社 269p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

腕のいい運転手がいればピンチはチャンスに変わる。強盗少年とお人好しドライバーの全てを懸けた逃走劇!-家出少年が、濡れ衣を着せられた男が、バツイチの女性弁護士が、右手を上げてタクシーを止める。少年は失踪し、タクシーは消え、思わぬ真実が待ち受ける。江戸川乱歩賞作家が満を持して完成させた感動と興奮の書き下ろし長編ミステリー!

【感想】

   三組のタクシードライバーと客。

   客は強盗をする少年だったり、
   警察から釈放された男だったり、
   有能な女性弁護士だったり、
   ドライバーはやたらお節介だったり。

   それぞれ話がばらばらに進むので
   どこに向かっているのかと
   戸惑いながら読んでいたら、
   だんだんと…となって、
   最後はすっきり!

   疑問その1.
   プリウスプリウスと
   必要以上にタクシーの車種をアピールするのはなぜ?
   初出がトヨタの広報誌かと思ったよ。
   (書き下ろしだったでござる。)

   疑問その2.
   舞台となっている街がここである必要はあるのかな。

沈黙のエール  横関大   



沈黙のエール

沈黙のエール
著者:横関大
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年9月発行 講談社 294p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

フランス留学を控えた朝宮里菜が働く洋菓子店“ドンナ”に、生意気な少年が訪ねてきた。少年を連れて実家近くで食事をしていると、消防車のサイレンが聞こえてくる。「火事だ!燃えているのは朝宮洋菓子店だ」謎が謎を呼び感動のラストに繋がる、横関エンタメの真骨頂!

【感想】

   実家の洋菓子店が火事、
   父が殺され、
   兄は不穏な動き、
   親戚だという生意気な少年が登場。

   若きパティシェ・里菜の周りで
   一気に起こった事件の真相は。

   サクサク読めます。

   ちょっとみんな隠し事多すぎ(笑)。

   最後にいいところ見せるなあ。

   シュークリーム食べたい。

再会  横関大 




再会

2010年8月発行 講談社 326p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

誰がうそをついている?幼なじみの四人が校庭に埋めた拳銃は、二十三年の時を経て再び放たれた。それぞれの想い出が重なるとき、時を越えたさらなる真実が目を覚ますー!全てはタイムカプセルにとじ込めたーはずだった。第56回江戸川乱歩賞受賞作。

感想 

   『グッバイ・ヒーロー』や
   『チェインギャングは忘れない』が面白かった
   横関さんのデビュー作。

   今の事件と過去の事件をリンクさせて
   次第にそれぞれの真実を明らかにしていくのが
   面白かった。

   でも両方の犯人は読んでいて
   すぐわかってしまったけれど。

   分量の割にさくさく早く読めました。

   ご都合主義が目立ちました。

   また、ほったらかしにされた登場人物の心情が
   気になるし、
   そもそも相手を襲おうとした動機も?だし。

   読む前の期待が高すぎたのかな。
   でも『グッバイ〜』や『チェイン〜』は
   そういうことは気にならずに読めたので、
   これからも面白い本を書かれるはずと
   楽しみにしています。


チェインギャングは忘れない  横関大 ☆ 



一人の男に結ばれた、仲間たちの狂想曲。 
護送車が襲われ、5人の男が脱走した。うち一人は記憶を失い、トラックの前で眠っていた。池袋署の神崎と黒木は、連続殺人鬼「サンタクロース」を追っていたが…


チェインギャングは忘れない

2011年11月発行 講談社 261p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

護送車が襲撃され、五人の男が脱走した。脱走した男の一人である大貫修二は、記憶を失い停車中のトラックの前で眠っているところを、ドライバーの早苗に蹴り起こされた。その頃、数日後に迫った連続殺人鬼「サンタクロース」対策配備の準備をしていた池袋署の神崎と黒木は、大貫が脱走したという知らせを聞き、秘密裏に捜査をはじめる。軽快なテンポに乗せて鮮やかに展開される横関ミステリー、驚愕必至の最新刊。

感想 

   受刑者の脱走事件と
   毎年クリスマスに殺人を繰り返す事件とが
   絡み合ってスピード感あふれるお話。

   大貫修二がとても魅力的でした。
   そうかぁ、そうくるかぁ。
   とても面白くハラハラドキドキと読みました。

   できればあれはそうじゃないほうがよかったけど。
   でもでも「愛だな、愛」!


グッバイ・ヒーロー  横関大 「今日どんな本をよみましたか?(197362)」 




グッバイ・ヒーロー

2011年5月発行 講談社 281p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「困っている人がいたら助けなければいけない。それが俺のルールなんだ」-ピザと音楽を愛する人気配達人“亮太”と、立てこもり事件の人質“おっさん”が運び届ける、謎と絆の物語。

感想 

   ピザ配達のバイトをしながらアマチュアバンドをやってる
   亮太は困った人がいたら助けるのを
   モットーとしている。

   そんなある日、指名でピザの配達を頼まれる。
   行った先で知り合った中年男性の頼みを聞くうちに
   どんどん犯罪の深みへとひきずりこまれていく。

   中年男性の狙いはどこにあるのか。
   お人よしの亮太の行く末はどうなるのか。
   
   はらはらの物語ですが
   亮太のお人よしのキャラクターがあたたかく
   機転のきいた行動が小気味よく
   推理力も半端なく
   また中年男性=おっさんも思わぬ実態を見せて
   とても楽しく読みました。

   後日談の第二部があるのですが
   これもよかった~。
   
   亮太のキャラクターにはまれば
   とても面白い一冊です!
   (出だしで「ありえないやろ~」と思っちゃったら
    のめりこめないかも(^^ゞ)