FC2ブログ

プラスマイナスゼロ  若竹七海 「今日どんな本をよみましたか?(197358)」 



2008年12月発行 ジャイブ 224p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

はじまりは、落ちてきた一匹の蛇だった―。なんか最近、アタシら死体に縁がねーか?凸凹女子高生トリオが、海辺の町・葉崎を駆け抜ける!ドタバタ×学園×青春ミステリー。

【目次】(「BOOK」データベースより)

そして、彼女は言った―葉崎山高校の初夏/青ひげのクリームソーダ―葉崎山高校の夏休み/悪い予感はよくあたる―葉崎山高校の秋/クリスマスの幽霊―葉崎山高校の冬/たぶん、天使は負けない―葉崎山高校の春/なれそめは道の上―葉崎山高校、1年前の春

感想

   「猫島ハウスの騒動」と同じく 架空の町・葉崎市を舞台にした
   コメディタッチのミステリー。
   
   プラス=テンコ(成績優秀品行方正、不運に愛される美しいお嬢様)
   マイナス=ユーリ(成績最低品行下劣、極悪腕力娘と噂される不良娘)
   ゼロ=ミサキ(どこをとっても”歩く全国平均値”との異名を持つ)
   という3人の女子高生トリオの組み合わせが いい味を出しています。

スポンサーサイト



猫島ハウスの騒動  若竹七海 




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

葉崎半島の先、三十人ほどの人間と百匹を超える猫が暮らす通称・猫島。
民宿・猫島ハウスの娘・杉浦響子は夏休みを迎え、
家業の手伝いに精を出す日々を送っている。
そんなある日、ナンパに勤しむ響子の同級生・菅野虎鉄が
見つけてしまったのはナイフの突き立った猫の死体、いや、はく製だった!?
奇妙な「猫とナイフ」事件の三日後、マリンバイクで海の上を暴走中の男に
人間が降ってきて衝突した、という不可解な通報が!
降ったきた男は「猫とナイフ」事件にかかわりがあるようだが…。
のどかな「猫の楽園」でいったい何が!?
真夏の猫島を暴風雨と大騒動が直撃する!
奇妙な事件に奇矯な人々、そして猫・猫・猫…ユーモアとシニカルを絶妙にブレンド。
コージー・ミステリの名手、若竹七海の真骨頂。

感想

   猫いっぱい、人いっぱい、殺人事件なのにほのぼのしてます。

悪いうさぎ  若竹七海 



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

家出した女子高生ミチルを連れ戻す仕事を引き受けたわたしはミチルの友人たちが次々に行方不明になっていると知って調査を始める。女探偵、葉村晶シリーズ。