FC2ブログ

若旦那のひざまくら  坂井希久子   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

若旦那のひざまくら [ 坂井希久子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/6/27時点)




2018年5月発行 双葉社 280p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

百貨店でバイヤーとして働く長谷川芹は、出張に来ていた板倉充と出会った。仕事一筋の芹は11歳も下の充を恋愛相手とみなかったが、ひょんなことから急接近。ところが充の実家は京都・西陣の由緒ある織屋で、両親は二人の結婚に大反対。おまけに充には女性の影も!?芹は会社を辞め、京都へ移り住むことを決意したが、はたしてー。

【感想】

   京都西陣の織家の跡とり息子・充と
   結婚することになった芹が、
   充の両親や西陣の人たちのイケズにも負けず
   それまでのキャリアを生かして食い込んでいく、
   なんとも痛快なお仕事小説。

   そして充のやさしさに癒される恋愛小説でした!

スポンサーサイト



17歳のうた  坂井希久子  ☆   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

17歳のうた [ 坂井 希久子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/11/23時点)




2016年10月発行 文藝春秋 224p

【内容情報】(出版社より)

地方都市の17歳の女、5人。

東京に好きな人を残し、舞妓としてはたらく彩葉。
マグロ漁師の娘として生まれ、漁師の生き方に憧れる留子。
伝説のレディース総長を姉に持ち、自らも一目置かれているマリエ。
失踪した兄の代わりに、自分が家業を継ぎたい千夏。
憧れの幼馴染みに勧誘され、ローカルアイドルになったみゆき。

大人でも子どもでもない、17歳の彼女たちに、運命の波が押し寄せる。

かつて17歳だったすべての女性に。
あのころ感じた得体のしれない衝動を、鮮明に焼き付けた連作短編集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

Owner of a Lonely Heart/Hero/We are the Champions/Changes/I Want You Back

【感想】

   日本各地の17歳の女の子5人。

   舞妓、漁師の娘、マイルドヤンキー、神社の娘、ご当地アイドル。

   悩みがあって、思いがあって、洋楽のうたがそばにあって。
  
   小さいかもしれないけれど切実な気持ちが、
   うん、うん、ってすごく伝わってきてよかったなあ。

   それぞれのお話で、
   方言ががっつり使われているのも、面白かったです。
   なんか、「生きてる」って気がした。

ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや  坂井希久子   



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ほかほか蕗ご飯 [ 坂井希久子 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2016/8/4時点)




2016年6月発行 ハルキ文庫 263p

【感想】

家禄を継げない武家の次男坊・林只次郎は、鶯が美声を放つよう飼育するのが得意で、それを生業とし家計を大きく支えている。ある日、上客の鶯がいなくなり途方に暮れていたときに暖簾をくぐった居酒屋で、美人女将・お妙の笑顔と素朴な絶品料理に一目惚れ。青菜のおひたし、里芋の煮ころばし、鯖の一夜干し……只次郎はお妙と料理に癒されながらも、一方で鶯を失くした罪責の念に悶々とするばかり。もはや、明日をも知れぬ身と嘆く只次郎が瀕した大厄災の意外な真相とは。美味しい料理と癒しに満ちた連作時代小説、新シリーズ開幕。(解説・上田秀人)

【感想】

   美味しくて人情たっぷりな時代小説。

   武家の次男坊・只次郎のキャラがとてもいいし、
   居酒屋のお妙が作るお料理がどれもこれも美味しそうだし、
   居酒屋に集まる面々も和気藹々だし、
   日常の謎っぽいのもいいし。

   今から続編が楽しみ!

ハーレーじじいの背中  坂井希久子  ☆   



ハーレーじじいの背中

ハーレーじじいの背中
著者:坂井希久子
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2016年3月発行 双葉社 268p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

真理奈は高校三年生。自分が医学部を目指したばかりに、代々銭湯を営んでいた実家は廃業。大好きな母方の祖母・清ばあは惚けが進み、父とその両親は家でごろごろするばかり。おまけに学校では友人との三角関係に巻き込まれて息がつまりそう。そんな彼女の前に、母方の祖父・晴じいがごついハーレーに乗って現れた。真理奈をタンデムシートに乗せて晴じいが向かった先はーヒロインの成長ぶりがみずみずしい!『ヒーローインタビュー』の著者が贈る青春家族小説

【感想】

   進路や家族のことで思い悩む優等生の真理奈は
   いきなり祖父の運転するハーレーに飛び乗って出奔し、
   その行き先で出会った出来事に新たな目を開かされていく…
   って、よくありそうだけど、

   この祖父が超イケてて、
   出来事の描き方もユーモラスで、
   とってもよかった!

   扱っている問題は、
   高齢化社会と少子化、痴呆方老人、外国人妻、限界集落など、
   けっこうシビアなんだけど、
   ハーレーじじいを見ていたら、
   まだまだ解決する方法もあるんじゃないか、と、
   明るい気持ちで読み終えました。

ウィメンズマラソン  坂井希久子  ☆   



ウィメンズマラソン

ウィメンズマラソン
著者:坂井希久子
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年6月発行 角川春樹事務所 254p

【内容情報】

岸峰子。30歳。バツイチ。子持ち。幸田生命女子陸上競技部所属。自己ベストは、2012年の名古屋で出した2時間24分12秒。ロンドンオリンピックは、走ることができなかった。2年以上のブランクを経て、今、リオを目指す。このままじゃ、次に進めないから――。『ヒーローインタビュー』が「さわや書店年間おすすめ本ランキング2013」文藝部門の1位に輝くなど注目を集めた著者の、スポーツ人間ドラマ第2弾!

【感想】

   すっごくよかった!
   面白かった!

   オリンピック代表に選ばれたものの
   妊娠出産で代表を辞退してからの再起。

   母親としてランナーを続けることの困難や
   周囲からの誹謗中傷の中、
   頑張る姿にエネルギーが蓄積され、
   最後のマラソンシーンで爆発。

   主人公のあきらめの悪い生き方に魅了されました。

   脇の人物たちが
   実在の人を思い起こさせたりするところや、
   ランナーたちに対する世間の反応がすごいリアル。

   ほんとに私も含め
   世間って色眼鏡でアスリートを見ているよね。
   ってぐさり。

   たださわやかで面白いだけじゃない
   スポーツ小説でした!

虹猫喫茶店  坂井希久子   



虹猫喫茶店

虹猫喫茶店
著者:坂井希久子
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年4発行 祥伝社 274p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

猫の世話をするだけの簡単なお仕事ー喫茶虹猫。こんな求人募集を見て、獣医大学一年生の僕はある古ぼけた喫茶店を訪ねた。そこで待っていたのは、「猫バカ」で引きこもりの美しきオーナーと里親募集中の捨て猫たち。任された仕事は、厄介な婆さんが住む猫屋敷の掃除と店の猫に生涯愛してくれる飼い主を探してやることだったが、次々と面倒な事情を抱えた客人が現れて…。猫と暮らす美しい女の願いは叶うのか。寂しがり屋の人間たちと愛くるしい猫の日々を綴った長編小説。

【感想】

   「猫の世話をするだけの簡単な仕事」
   という張り紙から
   獣医大1年のカケルが出会った、
   様々な可愛い猫、
   そして一癖ある人間たち。

   ほんわかくすくすといい気分になりながら、
   猫と人間の関わりについても考えさせられた~。

   カケルの成長物語としても
   ええ感じ!

ただいまが、聞こえない  坂井希久子 



ただいまが、聞こえない

ただいまが、聞こえない
著者:坂井希久子
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2014年3月発行 KADOKAWA 213p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

埼玉県大宮の一軒家に4人で暮らす和久井家。高2の次女は彼氏にフられて“非行”に走り、ひきこもりの長女はBL趣味に夢中、商社勤務の父は社内の後輩と不倫、そしてキャバクラで働く母は家事を放棄。どこにでもあるごく普通の家族は、バラバラになりかけていた。やがて、予期せぬ事態が和久井家を襲い、それぞれが「家族とは何か」を考えさせられていく…。

【目次】(「BOOK」データベースより)

一年で今日だけ主役の日/女の子の成長を喜ぶ日/寂しさの数を重ねる日/星に願いを託してみる日/人生の再出発と信じた日/永遠の愛を誓った日

【感想】

   いやあ、じーんとしたわあ。

   夫婦と娘二人(成人・高校生)の家族。

   ばらばらで好き勝手していて
   お互いへの関わりが不器用な彼らが
   過ごした一年余り。

   読んでいてもうどうなるんだろうと思ったけれど、
   やっぱり家族なんだよな、うんうん、と
   素直に感動。

   しかしなー、
   まさか「ぱんつ、譲ってくれませんか。」ではじまる
   第1話のぶっ飛び具合から考えると、
   こういうラストにくるとは。

   やられた! 

   彼はその後どうなったのかなあ。
   そして、
   おばあちゃんと佐藤君がかっこよくて好き。

ヒーローインタビュー  坂井希久子  ☆   



ヒーローインタビュー

ヒーローインタビュー
著者:坂井希久子
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年11月発行 角川春樹事務所 270p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

仁藤全。高校では42本塁打を放ち、2000年に阪神タイガースの8位指名を受け入団。強打の外野手として期待されたものの伸び悩み、2010年までの10年間で171試合に出場、通算打率2割6分7厘で8本の本塁打に終わる。もとより、ヒーローインタビューのお立ち台に上ったことはない。しかし、彼について語るところのある者にとって、仁藤はまぎれもなく英雄だったー。彼の担当スカウト、好意を寄せる女性、タイガースで後輩にあたるドラ1投手、因縁浅からぬドラゴンズのベテラン左腕、高校時代に野球部でバッテリーを組んでいた男、それぞれが語る、ひたむきなプロ野球選手が輝いた一瞬。

【感想】

   面白かったよう!
   じーんときたよう!

   阪神に入団したものの
   花咲かなかった選手・仁藤への思いを
   彼の周りの人間が語る。

   そして奇跡の9月30日の試合に集う。

   彼らにとって仁藤はまさしくヒーロー。

   仁藤や周りの人間たちの
   愛らしさ人情に胸アツ。

   名前は変えてあるけれど
   実在の選手を髣髴とさせる選手たちが
   たくさん出てきてにやり。

   「野球を知らない方にも~」というおススメ文を読んだけれど、
   プロ野球が好きな私もとっても楽しめました。

   阪神を応援する関西独特の空気が
   すごくよく伝わってくる!

   仁藤について語る人々の中で
   「私」の正体の超変化球ぶりにびっくり!
   そして、わはは! 

   ところでさいごに出てきた
   「ひょろっとした体格の男」って誰だろう。
   まさか佐竹?
   そうだったらそれもまた楽しいね!

迷子の大人  坂井希久子   

介護福祉士1年生の梓。仕事では理想と現実のギャップにやる気をそがれ、恋人ともいまひとつ。ある日、ふらっと特急列車に乗り込んで…。

迷子の大人

迷子の大人
著者:坂井希久子
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年9月発行 実業之日本社 266p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

仕事も恋も宙ぶらりん。ガケっぷちアラサー女子の自分探し。迷子の梓、特急「あずさ」に乗るー。

【感想】

   介護福祉士の梓は
   仕事に熱心すぎてうまくいかない。
   恋人に気を遣いすぎてうまくいかない。

   そんな彼女が諏訪に出かけたはずが高遠に行きつく。
   どじっこ!
   そして…っていうお話。

   やーやー、もう梓が可愛くて心から応援しながら読んじゃいましたよ。

   梓がへまをする度に、そんなんじゃだめでしょーと
   いらいらするんだけれど、頑張ってる可愛い子供を
   見守るような気分でありました。

   高遠の土地で新たに出会った人や自然や暮らし方に、
   自身の新たな生き方を見つけさせてもらえてよかったねぇ。

   高遠の様子もとても魅力的でした。

泣いたらアカンで通天閣  坂井希久子 ★ 

泣いたらアカンで通天閣

泣いたらアカンで通天閣
著者:坂井希久子
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年5月発行 祥伝社 270p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ラーメン屋「味よし」店主のゲンコと看板娘センコ。どん詰まり下町商店街に息づく、とびっきりの人情、そして、家族の物語。

【感想】

   面白かったぁ。

   大阪新世界のラーメン屋の父ゲンコと娘センコ。
   商店街のおせっかいで親身な面々。

   濃くておもろい人間関係が
   掛け合い漫才のような調子で書かれていて笑った!

   でも親子の絆や近所づきあいが温かくて
   ほろりとくるんだ、これがまた。

   東京にスカイツリーがあるのなら、
   大阪には通天閣がある。
   その下にはこんなに素敵な人たちが住んでいる。

   大阪人として胸をはれるお話をありがとう。
   
   カバー絵も温かいお話の雰囲気をよく伝えていて
   素敵だと思いました。