FC2ブログ

山手線探偵 まわる各駅停車と消えたチワワの謎  七尾与史   



山手線探偵

山手線探偵
著者:七尾与史
価格:650円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年6月発行 ポプラ文庫 317p

【内容情報】

都市伝説と噂されるわりに頼りない探偵、霧村雨と助手のシホ、自称作家の三木幹夫が謎を解く。『ドS刑事』で人気の著者による連作短編小説!

【感想】

   オフィスレスとなって山手線の車内で
   依頼者を待つ私立探偵・霧村と
   小学生のシホと
   自称作家のミキミキ。

   彼らの活躍は痴漢の冤罪事件解決からはじまる。

   コミカルな掛け合いからほのぼの系かと思ったら
   シリアスな展開に。

   山手線の車内で事件を解決するのかと思ったらそうでなかったし、
   シリアスな事件が悲しかった。
   思ってたのとちょっと違ったなー。

   でも続編でそうだから、それも読む!
   霧村さんとシホの出会いの事件とシルクハットの男。
   気になるでしょー。

スポンサーサイト