FC2ブログ

川の光2 タミーを救え!  松浦寿輝   



川の光(2)

川の光(2)
著者:松浦寿輝
価格:2,052円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2014年2月発行 中央公論新社 619p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

進め!小さく弱く、勇敢な者たちよ。囚われの身となったゴールデン・レトリーバーを奪還するべく、大小7匹の動物チームが、東京大横断の旅に出たーイラスト多数・折込地図付き。

【感想】

   はー楽しかった!

   悪徳業者に捕まったゴールデンリトリバーのタミーを救うために
   集まった犬2匹、ねずみ3匹、クマタカ1羽とスズメ1羽が
   東京を駆け抜ける波乱万丈の冒険記。

   彼らの勇気や知恵や失敗や信頼や友情が
   もうもうたまらない!

   動物たちはみんなそれぞれ
   かわいくて賢くてけなげで。

   スズメのリルのおきゃんぶりもよかったけれど、
   特に、おバカだったジャーマンシェパードのビス丸の成長には
   ほろりほろりとさせられました。

   川の仲間には、
   また「別の物語」があるようで楽しみです。

スポンサーサイト



川の光 外伝  松浦寿輝   



川の光(外伝)

川の光(外伝)
著者:松浦寿輝
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年6月発行 中央公論新社 260p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

その夜、神聖な木のしたに集まった大小の動物たちが、うっとりと空を見上げていた。「いよいよ今晩…」「楽しみだねえ」人気小説『川の光』の仲間たちが大活躍する待望の短篇集。驚きに満ちた七つの物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)

月の光/犬の木のしたで/グレンはなぜ遅れたか/孤独な炎/キセキ/緋色の塔の恐怖/リクル・ルパッハの祭り

【感想】

   『川の光』でチッチとタータが
   冒険した途中に出会った動物たちが
   主人公となって出てくる7つの物語。

   読んでいて、楽しいね可愛いねとにっこり。

   タミーが無邪気でいいね。
   グレンが4匹の動物に新しい家を用意してあげる話が、
   いかにもグレンらしいな。

   動物の賢さ・愛おしさとともに、
   川をはじめとした自然の尊さも伝わってくる。
   ぜひ子供にも読んでほしい。

   「はやぶさ」をモデルにした話もあって、
   松浦さんもはやぶさの帰還に感動なさったんだろうなぁ。

   あとがきによると『川の光2』が近々刊行されるらしいです。
   楽しみ!

川の光  松浦寿輝  ★ 



2007年7月発行 中央公論新社

【内容情報】

「BOOK」データベースより

平和な川辺の暮らしは失われた。晩夏、安住の地を求めてネズミ一家の冒険が始まる。足元で脈動する世界に優しいまなざしを向け、柔らかい魂の手触りを伝える物語。

出版社 / 著者からの内容紹介

『読売新聞』大人気連載の単行本化。川辺の棲みかを追われたネズミ一家が、新天地を求めて旅に出る。小さな命の躍動を余すことなく描き出した冒険物語


感想

   勇気・友情・家族愛にあふれたかわいいクマネズミの童話です。
   数多くの挿絵や表紙裏の地図も 雰囲気を盛り上げていると思います。