FC2ブログ

神さまを待っている  畑野智美   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神さまを待っている [ 畑野 智美 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/12/30時点)




2018年10月発行 文藝春秋 312p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

文房具メーカーで派遣社員として働いていた26歳の女性は、正社員になれず、家賃が払えなくなりあっという間に貧困になだれこんでいく。漫画喫茶で寝泊りして、菓子パンで腹を満たす生活から抜け出すために、彼女が選んだのは「出会い喫茶」でお金を稼ぐことだった。生きるために「ワリキリ=売春」をしなくてはいけないのか。

【感想】

   26歳の女性がホームレスになった日々。
   そしてそこで出会う似たような境遇の若い女性たち。

   簡単にそうなってしまう状況、
   それでも生きていける社会が怖い。

   きっとリアルにいる彼女らに
   ほんとうの神さまが現れますようにと祈らずにいられない。

スポンサーサイト



水槽の中  畑野智美   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水槽の中 [ 畑野 智美 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/29時点)




2018年7月発行 KADOKAWA 288p

【内容情報】(出版社より)

桜並木に憧れて入学した海の近くの高校で、遥は二年生の春を迎えた。仲良しのマーリンとゆるく過ごす毎日は楽しいけれど、自分だけの何かを見つけたい。話したことのない先輩を眺めて盛り上がるだけで満足だったのに、いつしか同じクラスになった考古学部の地味め男子・アルトのことが気になりはじめていた。これは、恋ーー? 浮かんでは消える、言葉にならない想いを遥が持てあましているうちに、アルトは他の女の子との距離を縮めていてーー。
不安と期待の間で揺れる、高校生のきらめく一年を駆け抜ける!

【感想】

   桜並木を上って登校する海の見える高校。
   水族館。花火大会。文化祭。修学旅行。
   球技大会。お正月。雪の日。
   高2女子の一年間。

   仲の良い友達との楽しい思いや
   だんだん高まるせつない恋心がびんびん響いて、
   はー、かわいかった!
   いいなぁ、こんな日々。

大人になったら、  畑野智美   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人になったら、 (単行本) [ 畑野 智美 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/4/10時点)




2018年3月発行 中央公論新社 288p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

30代半ば、カフェで副店長をしているメイ。彼氏も好きな人もいないが、それなりに充実した日々を送っている。でも、結婚や出産、仕事の昇進試験から目を逸らしつづけてはいけないのもわかっていて…。人生の基本問題は解けても応用問題が解けないメイを、恋が大きく変えていく!ときめく気持ちを取り戻す恋愛小説。

【感想】

   35歳の独身女性、カフェ社員(副店長)の6ヶ月。

   彼女が働きながら、また、友人と会ったりしながら、
   恋愛、仕事、友人、家族、人生について考え続けた日々が、
   切実で、彼女は苦しい思いをしていたけれど、
   読んでいたわたしはおもしろかった。

   若い頃大人になったらこうなるだろうと
   漠然と考えていたのと違ったふうになっても、
   それでも新しい道で生きていかねばならない。

   そのときそのときでしっかり考えて、
   最善のふるまい、最善の選択ができればいいなと思う。

   帯にある「ときめく気持ちを取り戻す恋愛小説」とは
   ちょっと違う印象をうけた。
   恋愛だけじゃなかったと思う。

シネマコンプレックス  畑野智美   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シネマコンプレックス [ 畑野智美 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)




2017年11月発行 光文社

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

郊外にあるショッピングセンターのシネコンでは、学生やフリーターや主婦たち百人近くが働いている。今日のクリスマス・イブは、日曜日で舞台挨拶やイベント上映もあるから、かなりの人数が出勤しているようだ。恋に悩み、コンプレックスを抱え、将来に不安を感じながら、慌ただしく走りまわるスタッフたちの、長くて短い一日がはじまる。
シネコンでのアルバイト経験ある著者が、自らの青春を詰めこんだ連作短編集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

フロア/コンセッション/ボックス/ストア/オフィス/フロア・新人/プロジェクション

【感想】

   クリスマスイブ、地方都市のシネコン。
   そこで働くバイト、パート、フリーターたち。

   フロア、ショップ等、各部署からひとりずつ、
   主役を変えて描かれる連作短編集。

   仕事で見せる顔とプライベートで見せる顔、
   そして内面で思うこと、
   それぞれ違って、その組み合わせの妙が面白かった!

   加藤君の恋の話がかわいくせつないなあ。

   快適なシネコンを維持するには
   こんな風にがんばって働いている人たちがいるんだね。

消えない月  畑野智美   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

消えない月 [ 畑野 智美 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/11/12時点)




2017年9月発行 新潮社 270p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

出版社に勤務する松原とマッサージ師のさくら、二人は、付き合いはじめ、やがて別れる。それで終わりのはずだった。婚約までした男と女の関係は、はじめから狂っていたのかもしれない。加害者と被害者、ふたつの視点から「ストーカー」に斬り込んだ、残酷にして無垢な衝撃作!!

【感想】

   読み終えて「嘘でしょ!」と呆然とした。

   出版社に勤務する松原とマッサージ師のさくら。
   ストーカーの加害者と被害者。

   両面から二人の出会いから描いて行きついた先。

   「運は平等に、努力する者の味方をします。
   それが間違った努力だとしても」
   の言葉が哀しい。

   月は消えないんだよ…。
   どこまでもついてくるんだよ…。

   どうしてもストーカーはついてくるのかもしれないけれど
   鍵は変えたほうがよかったと思う。

   この本を読むと
   まだ実質的な被害は出てなくても、
   被害者が警察に相談して来た時点で
   警察がなんとかしてくれないと
   悲劇は繰り返されてしまうのではないかと強く思った。

コンビ  畑野智美   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンビ [ 畑野 智美 ]
価格:1674円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)




2017年6月発行 講談社 280p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

新番組のレギュラー獲得を目指すオーディションが終了してから一ヵ月。“敗退”という現実は、メリーランドに重くのしかかる。先を行くライバルや先輩芸人。大学卒業後、それぞれの道を歩み始める恋人や友人。みんな進んでいるのに、自分達だけ進めずにいる…。夢にまで見た舞台の先、新城と溝口が見つけた未来とはー。このままじゃ終われない。どん底からの再スタートだ!シリーズ完結の第5弾!

【感想】

   南部芸能事務所シリーズ、第5弾にして完結編。

   芸能事務所に所属して
   芸人の卵やマネージャーとして生きる登場人物たちは
   わたしと大きく離れた存在なのに、
   そのもがく姿、気持ちの切実さが
   胸に迫るのがたまらない。

家と庭  畑野智美   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家と庭 [ 畑野 智美 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)




2017年2月発行 KADOKAWA 288p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

中山望は、桜やバラやひまわりなど四季折々の花が咲く庭のある家で、母と姉と妹と暮らしている。大学を卒業して2年以上が経つけれど、就職する気にならないまま、マンガ喫茶でアルバイトをする日々だ。ある日、上の姉が娘を連れて帰ってきて、女5人との生活が始まる。家族や幼なじみ、バイト仲間と過ごす時間は、“何も望まない”望を変えていくー。海の底のようなバー、神出鬼没の烏天狗、工事がつづく駅。抜け出せなくなる町で暮らす人々の、色鮮やかで愛すべき日常。

【感想】

   下北沢の裕福な家の息子である25歳・望。

   母と姉二人・妹一人で暮らすけれど、
   その他にも親しく付き合う人は多くいて。

   居心地のいい家や地域の中で、
   望が行動し考えたこと。

   多少の波風や衝突はあっても、
   あくまでもゆるゆるとした空気感が心地よかったな~。

罪のあとさき  畑野智美   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

罪のあとさき [ 畑野智美 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/11/9時点)




2016年9月発行 双葉社

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ある日、彼は同級生を殺した。時が経ち、わたしは彼と再会した。そして徐々に、気持ちが動いたー。罪を犯した人間はどう生きていけばよいのか。気鋭の作家が問いかける、少年犯罪のゆくえ。

【感想】

   中学の時、同級生を殺した男性と再会した
   28歳女性。

   罪を犯した人とどう向き合うのか、
   そしてその罪にはどのような経緯・意味があったのかが、
   透明感を持って平坦に描かれてて、
   それがかえって胸に響いた。

   少年犯罪の加害者のその時とその後。
   難しい問題だなあ。

オーディション  畑野智美  ☆   



オーディション

オーディション
著者:畑野智美
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2016年5月発行 講談社 257p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

新番組レギュラーの獲得を目指し、オーディション番組に臨むメリーランドの新城と溝口。絶対に勝とうと心に決めるが、先輩やライバルたちとの勝負を前にして、焦りや嫉妬、プレッシャーに押しつぶされそうになる。それぞれの思いと覚悟を胸に、栄光を目指す一年が幕を開ける!南部芸能シリーズ、運命を分ける第4弾!

【感想】

   小さな芸能事務所に所属する若手芸人たちを
   主人公とする連作短編集第四弾。

   今回はテレビ番組のレギュラーをかけて
   勝ち抜きオーディションに臨む一年間を描く。

   このシリーズ、
   若者たちのぎりぎりの心の揺れ動きが
   苦いけれど
   すごくひきつけられて、
   大好き。

感情8号線  畑野智美   



感情8号線

感情8号線
著者:畑野智美
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年10月発行 祥伝社 270p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

すぐそこに、幸せはあるはず。なのに、どうして遠回りしてしまうのだろう。同じ道沿いだけれど生活環境も雰囲気も違う街。そこで暮らす女たちのリアルで切ない恋物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)

荻窪/八幡山/千歳船橋/二子玉川/上野毛/田園調布

【感想】

   環状8号線沿いの
   荻窪・八幡山・千歳船橋・二子玉川・上野毛・田園調布に住む
   女性たちのうまくいかない恋愛話。

   彼女らの必死さや孤独感がむきだしになってぶつかってきて
   どの子も痛々しく
   読んでてざわざわしたけれど、
   すごいわかるとも思った。

   みんな頑張れ。