FC2ブログ

それでも空は青い  荻原浩   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それでも空は青い [ 荻原 浩 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/1/24時点)




2018年11月発行 KADOKAWA 288p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

人間関係に正解なんてないー人づきあいに悩む背中をそっと押してくれる7つの物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)

スピードキング/妖精たちの時間/あなたによく似た機械/僕と彼女と牛男のレシピ/君を守るために、/ダブルトラブルギャンブル/人生はパイナップル

【感想】

   7つの独立した話が入った短編集。

   せつなかったりほろりとしたりほほえましかったりと
   味わいがそれぞれ違うけれど、
   どれも描かれる人と人のつながりのあたたかさと人を応援してくれてる感が
   心地よかった。

スポンサーサイト



ストロベリーライフ  荻原浩   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストロベリーライフ [ 荻原浩 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/10/14時点)




2016年9月発行 毎日新聞出版 351p

【内容紹介】

直木賞受賞第一作の最新長編小説。
明日への元気がわいてくる人生応援小説!

農業なんてかっこ悪い。と思っていたはずだった。
イチゴ農家を継げと迫る母親。猛反対の妻。
志半ばのデザイナーの仕事はどうする!?
夢を諦めるか。実家を捨てるか。
恵介36歳、いま、人生の岐路に立つ!

デビューより20年、新直木賞作家がたどりついた〈日本の家族〉の明るい未来図。
懐かしい笑顔あふれる傑作感動長編。

【感想】

   イチゴ農家である実家の仕事を嫌って
   東京でグラフィックデザイナーをしている恵介が
   父が倒れたのをきっかけに実家に戻り
   慣れない農作業に手をつけはじめる…。

   あちこち、くすくすっと笑いながら
   恵介の悪戦苦闘を楽しく読みました。

   家族や親戚、昔なじみの友人たちが個性的で、
   彼らとぶつかったり協力したりする様も面白い。

   イチゴ農業のあれこれについても詳しく、
   何も知らなかった恵介とともに
   どんどんのめりこむことができました。

   荻原さんのユーモアあふれる長編って絶品だなあと、
   あらためて認識。

海の見える理髪店  荻原浩   



海の見える理髪店

海の見える理髪店
著者:荻原浩
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2016年3月発行 集英社 234p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もしも「あの時」に戻ることができたら…。母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠く、永遠のようで儚い家族の日々を描く物語六編。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

海の見える理髪店/いつか来た道/遠くから来た手紙/空は今日もスカイ/時のない時計/成人式

【感想】

   表題作を含む独立した、
   家族にまつわる6話からなる短編集。

   家族の間で失ったもの。

   あの日、ああしていたら…という
   その思いが胸につまるけれど、
   そこから新たに生まれるものもあり、
   うるうる。

ギブ・ミー・ア・チャンス  荻原浩   



ギブ・ミー・ア・チャンス

ギブ・ミー・ア・チャンス
著者:荻原浩
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年10月発行 文藝春秋 326p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「人生やり直したい!」と思ったこと、ありませんか?でも、夢を追うのも楽じゃない。それでも、挑み続ける人々の姿を描いた少しだけ心が強くなる短編集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

探偵には向かない職業/冬燕ひとり旅/夜明けはスクリーントーンの彼方/アテンションプリーズ・ミー/タケぴよインサイドストーリー/押入れの国の王女様/リリーベル殺人事件/ギブ・ミー・ア・チャンス

【感想】

   人生逆転をかける人たちの短編集。

   元相撲取りの探偵や
   歌手、漫画家、女優、作家、お笑い芸人デビューを夢見る人たちなど。

   コミカル。

   上手くいきそうな人もあり
   いかなそうな人もあるけれど、
   みんなこれから先どうなるのかな。

   すごく気になる。

金魚姫  荻原浩  ☆   



金魚姫

金魚姫
著者:荻原浩
価格:1,836円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年7月発行 角川書店 397p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

勤め先の仏壇仏具販売会社はブラック企業。同棲していた彼女は出て行った。うつうつと暮らす潤は、日曜日、明日からの地獄の日々を思い、憂鬱なまま、近所の夏祭りに立ち寄った。目に留まった金魚の琉金を持ち帰り、入手した『金魚傳』で飼育法を学んでいると、ふいに濡れ髪から水を滴らせた妖しい美女が目の前に現れた。幽霊、それとも金魚の化身!?漆黒の髪、黒目がちの目。えびせんをほしがり、テレビで覚えた日本語を喋るヘンな奴。素性を忘れた女をリュウと名付けると、なぜか死んだ人の姿が見えるようになり、そして潤のもとに次々と大口契約が舞い込み始めるー。だがリュウの記憶の底には、遠き時代の、深く鋭い悲しみが横たわっていた。

【感想】

   ブラック企業に勤め
   疲れきった青年のところにやってきた金魚は
   過去を背負った若い女性に変身する。

   彼女に影響されて
   どんどん変わっていく青年。

   この女性がかわいくてかわいくて
   魅力的だった。

   切ないけれどコミカル。
   コミカルだけど切ない。

   とてもよかったです。

家族写真  荻原浩   



娘の結婚、加齢に肥満、マイホーム購入、父親の脳梗塞……家族に訪れる悲喜こもごもを、ときに痛快に、ときに切なく描き、笑ったあとにじんわり心に沁みてくる、これぞ荻原浩!の珠玉の家族小説。勝手でわがまま、見栄っ張り、失礼なことを平気で言って、うっとうしいけどいないと困る、愛すべき家族の物語。

家族写真

家族写真
著者:荻原浩
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年5月発行 講談社 259p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

娘の結婚、加齢に肥満、マイホーム購入…家族に訪れる悲喜こもごもは、ささやかだけど大事件。笑ったあとに、心にじんわり沁みてくる、これぞ荻原浩!の極上家族小説。

【目次】(「BOOK」データベースより)
結婚しようよ/磯野波平を探して/肉村さん一家176kg/住宅見学会/プラスチック・ファミリー/しりとりの、り/家族写真

【感想】

   面白かった!

   家族をテーマにした短編7つ。

   娘が結婚するとか、中年太りとか
   中年の少々哀しいお父さんやお母さんが
   主人公のものが多かったけれど、
   ユーモラスなお話で
   やっぱり家族っていいじゃないか!って
   ほのぼの思えてくる。

   主人公のセルフ突っ込みも笑えます。

   表題作は故郷で写真館を経営する父が倒れたため
   帰ってくることになった兄妹のお話。
   親を疎ましく思う気持ちと慕い尊敬する気持ちの揺らぎが
   なんかわかるなあ。

   「しりとりの、り」は展開にびっくり!

   

花のさくら通り  荻原浩  ☆   



さびれた商店街の活性化、請け負います!

不況にあえぐユニバーサル広告社。次なるクライアントは閑古鳥が鳴く「さくら通り商店会」だった。最初はポスター制作だけのはずが、いつしかタッグを組んで商店街の活性化を目指すことに・・・・・・。

花のさくら通り

花のさくら通り
著者:荻原浩
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年6月発行 集英社 494p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

シャッター通りまであと一歩。さびれた商店街の再生プロジェクトを請け負ったのは、和菓子屋の2階に移転してきたばかりの超零細&倒産寸前の広告制作会社だった…。『オロロ畑でつかまえて』『なかよし小鳩組』に続くユニバーサル広告社シリーズ、待望の第3弾。

【感想】

   ユニバーサル広告社シリーズ第三弾!
   とってもよかった~。

   シャッター通りになりかけた商店街に
   引越してきたユニバーサル広告社。
   なぜか、自然な流れで商店街の活性化に関わることに。

   多くの障害があるなか、
   杉山たちの熱意が徐々に人の心を動かしていく。

   ユーモアをちりばめたアツい物語。

   商店街で次第に杉山の味方になってくれる人たちが
   いいキャラクターだった。
   夜回りやブレストのシーンが可笑しすぎ!

   商店街の人の中ではお寺の子の光照がええ子で
   いちばんのお気に入り。

   杉山の娘の早苗もいじらしくて大好きだ!

   杉山の作った商店街のCM、見てみたいなぁ。

なかよし小鳩組  荻原浩   



なかよし小鳩組

なかよし小鳩組
著者:荻原浩
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



単行本版 1998年10月発行 集英社 318p
文庫本版 2003年3月発行 集英社文庫 355p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

倒産寸前の零細代理店・ユニバーサル広告社に大仕事が舞いこんだ。ところが、その中身はヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略、というとんでもない代物。担当するハメになった、アル中でバツイチのコピーライター杉山のもとには、さらに別居中の娘まで転がりこんでくる。社の未来と父親としての意地を賭けて、杉山は走りだすがー。気持ちよく笑えて泣ける、痛快ユーモア小説。

【感想】

   ユニバーサル広告社シリーズ第二弾。
   今度の仕事は暴力団・小鳩組のイメージアップという難問。
   このとんでもない仕事を杉山を中心にしてどう乗り切るのか、
   存分に楽しませてもらいました。

   暴力団事務所でのプレゼンやイベントの可笑しさったら!

   合間の日常も笑える要素が山盛りで、
   そして、親子の情とか、家族愛とかにもじーんとさせられ、
   とてもよいバランスのお話でした。

   杉山の娘の早苗ちゃんがお気に入り!
   このまま強くたくましく育ってほしいなぁ。

   さてこれで次は いよいよ出たばかりの『花のさくら通り』だ!

オロロ畑でつかまえて  荻原浩   



オロロ畑でつかまえて

オロロ畑でつかまえて
著者:荻原浩
価格:480円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



単行本版 1998年1月発行 集英社 225p
文庫本版 2001年10月発行 集英社文庫 231p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった!ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロダクション、ユニバーサル広告社。この最弱タッグによる、やぶれかぶれの村おこし大作戦『牛穴村 新発売キャンペーン』が、今始まるー。第十回小説すばる新人賞受賞、ユーモア小説の傑作。

【感想】

   新刊の『花のさくら通り』が
   「ユニバーサル広告社シリーズ」の第三弾だということで
   今さらながらに第一弾を読みました。

   面白かったです!

   東北の山奥の村が村おこしのために
   弱小広告会社のユニバーサルと組んで禁じ手を繰り出す。
   その顛末は。

   村の人が一生懸命で、
   広告社の面々も悪乗りしながらサポートして面白いのです。
   
   でも必死な村の人が滑稽で哀しくて。
   読んでいて胸を衝かれる思いがして印象的でした。

   これが荻原さんのデビュー作だったんだ。
   さて、次は第二弾の『なかよし小鳩組』を読みますよ。

幸せになる百通りの方法  荻原浩 



恋人が突如「歴女」になってしまった、リストラを家族に言い出せない、不倫の恋の踏ん切りがつかない……そんなあなたのための7つの物語。


幸せになる百通りの方法

2012年2月発行 文藝春秋 285p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

このムズカシイ時代を、滑稽だけど懸命に生きる人たちー。短篇の名手が贈るユーモア&ビターテイスト溢れる七つの物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)

原発がともす灯の下で/俺だよ、俺。/今日もみんなつながっている。/出逢いのジャングル/ベンチマン/歴史がいっぱい/幸せになる百通りの方法

感想 

   節電と老女・オレオレ詐欺・
   自費出版やブログやオンラインゲーム・
   婚活パーティー・リストラ・歴女・自己啓発本を
   テーマに
   皮肉を込めて
   でも温かい目線もあり、
   軽妙に書かれた短編集。

   荻原さんと年が近いからか
   どれもうなずけるお話で痛快でした。