FC2ブログ

カテゴリー  [日本の作家 森福都 ]

ご近所美術館  森福都   



ご近所美術館

ご近所美術館
著者:森福都
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年7月発行 東京創元社 300p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

平凡なサラリーマンの「ぼく」こと海老野が勤める会社の近所に、突如できた小さな美術館。居心地のよさと旨いコーヒー目当てに常連となった海老野は、引退した館長に代わってやって来た川原姉妹の姉・菫子に一目惚れする。来館者から持ち込まれる不可思議な謎を解いて菫子を振り向かせようと、生意気でオタクなその妹・あかねの力を借りつつ奮闘を重ねるが…。恋する一青年が、美術館専属の探偵となって活躍するほんわかミステリ連作集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

ペンシル/ホワイトボード/ペイパー/マーカー/ブックエンド/パレット/スケール

【感想】

   会社の近所にできた小さな美術館に
   入り浸り始めた海老野は
   そこに起きる日常の謎~殺人の謎に関わり解明。

   海老野のへたれ具合と有能さのバランスがよく
   面白かった~!

   海老野と美人館長、その妹であるオタク女性、
   そして常連さんたちとの絡みも楽しかった。

   最後、よかったね!
   爽やかでした~。

   2話目のあれは生々しくて
   全体の雰囲気にそぐわないような気がしたのですが
   どうでしょう。

   でもこんな居心地のいい美術館が
   職場の近くにあったらいいよね。
   もし自分が見つけたら「知る人ぞ知る」という感じで
   ナイショにしておきたいかも。

スポンサーサイト