FC2ブログ

君の夜を抱きしめる  花形みつる   



君の夜を抱きしめる

君の夜を抱きしめる
著者:花形みつる
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年7月発行 理論社 257p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

彼女いなくてイクメン?『遠まわりして、遊びに行こう』の登場人物再び。子どもがこの世にいる愛しさが、風のように駆け抜ける。夜泣きでフラフラ、よだれとうんちまみれのハートウォーミングストーリー。

【感想】

   塾のオーナーが突然、赤ん坊を預かってきて
   新太郎はその子守を一手に引き受けることに。

   新太郎や若い母親が赤ん坊の世話にあたふたしたり、
   疲れ切ったりするのがリアル。

   でも育児を通して新太郎や母も成長していく
   喜びにあふれている。

   星の夜のシーンが美しかった。

   赤ん坊の独白や、
   赤ん坊を取り巻くものの語りが挟まれているのが
   新鮮な感じ。

   本当に赤ん坊って何を考えているのかな。

   前編の『遠まわりして、遊びに行こう』ほど
   おサルたち(=小学生男子)が活躍せず
   ダイナミックさはなかったけれど、
   しみじみとしてこれも好きです。


スポンサーサイト



遠まわりして、遊びに行こう  花形みつる  ☆   



遠まわりして、遊びに行こう

遠まわりして、遊びに行こう
著者:花形みつる
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2010年2月発行 理論社 268p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

コドモトソウグウス。新太郎、18歳のクライシス。

【感想】

   引きこもっていた大学生・新太郎は
   学習塾+遊び塾の講師のバイトをすることになったものの、
   小学生たちのパワーにたじたじ。

   楽しくて面白かった。
   まったく子供たちったら、おサルでバカ!笑。

   様子がとてもリアル。
   一緒にいると疲れるだろうけど可愛いなぁ。

   優等生だった新太郎が
   型破りな塾のオーナーや方針や
   突拍子もないことをしでかす子供たちに
   もまれて次第に視野を広くし、
   ゆとりを持てるようになって成長していくのが、
   お約束とはいえ微笑ましかった。

   そして読み終える頃にはほろりとした。

   続編『君の夜を抱きしめる』を読むのも楽しみです。