FC2ブログ

草薙の剣  橋本治   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

草薙の剣 [ 橋本 治 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/3/23時点)




2018年3月発行 新潮社 330p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

10代から60代まで、10歳ずつ年の違う男たちを主人公に、彼らの父母、祖父母までさかのぼるそれぞれの人生を、戦前から平成の終わりへと向かう日本の軌跡のなかに描きだす。敗戦、高度経済成長、オイルショック、昭和の終焉、バブル崩壊、二つの大震災。みな懸命に生きながらも親と子はつねに断絶を抱え、夫婦はしばしば離婚する。人生はつねに、思い描いたことの外にあるーごくふつうのリアルな日本人の心の100年を描いて、読者をさまざまな記憶でつよく揺さぶりながら、戦後日本の行き着いた先としての現代のありようを根底から問い返す、橋本治、畢生の長篇小説。作家デビュー40周年記念作品。

【感想】

   戦前から現代までの日本の100年間。

   その中を、世代の違う6人の男性とその祖父母・両親が
   どのように生きてきたかを描く。

   いろんなことが起こった100年間だった。

   なんかなんか、とても寂しい気持ちになった。

スポンサーサイト



ドライブイン探訪  橋本倫史   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドライブイン探訪 (単行本) [ 橋本 倫史 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/3/23時点)




2019年1月発行 筑摩書房 320p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

激動の時代に、ドライバー客を迎え続けた店主たちの半生。気鋭のライター、長期取材による傑作ノンフィクション!

【目次】(「BOOK」データベースより)

プロローグ 酪農とドライブインの町 直別・ミッキーハウスドライブイン/1 ハイウェイ時代/2 アメリカの輝き/3 花盛りの思い出/4 移りゆく時代に/5 店を続けること/エピローグ 戦後 鹿児島・ドライブイン薩摩隼人

【感想】

   小さい時、父の田舎に行くのに
   毎週車で通ってた国道9号線の風景を思い出した。

   昔は多数あったドライブインが消えゆく今、
   全国20余りの店を訪ねた著者が書く
   その店の歴史特色工夫・経営者家族の歴史。

   文章はそんなことないのになぜか感傷的になる。

ある男  平野啓一郎  ☆   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ある男 [ 平野 啓一郎 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/12/30時点)




2018年9月発行 文藝春秋 360p

【内容情報】(出版社より)

愛したはずの夫は、まったくの別人であった。
「マチネの終わりに」から2年。平野啓一郎の新たなる代表作!

弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。
宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。
里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。

人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。
「大祐」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。
人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品。

【感想】

   亡くなった夫は
   彼が名乗っていた人物とは別人だったらしいという
   未亡人からの依頼を受け調査を始めた城戸弁護士を主人公として
   話はすすむ。

   人探しのミステリーと、
   それにまつわる社会問題、
   そして城戸弁護士の思索が渾然となって、
   とても面白かった。

雨降る森の犬  馳星周   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雨降る森の犬 [ 馳 星周 ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2018/9/14時点)




2018年6月発行 集英社 424p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

家族とのわだかまりを抱えた中学生の雨音は都会を離れ、愛犬と共に山麓で暮らす伯父のもとへ。自然と犬が与えてくれた、生きるためのヒント。

【感想】

   母親との確執を抱えた中学生が
   立科の伯父のもとにやってきて、
   そこで飼われているバーニーズ・マウンテン・ドッグと出会い、
   伯父、近所の人たちに見守られ導かれ、
   自然に癒され自己を確立していくお話。

エンディングドレス  蛭田亜紗子   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エンディングドレス (一般書) [ 蛭田 亜紗子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/14時点)




2018年6月発行 ポプラ社 239p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

夫に先立たれた32歳の麻緒は、自らも死ぬ準備をするために“死に装束を縫う洋裁教室”に通い始める。あつい涙があふれる会心作。

【感想】

   自死を考えその準備を始めていた32歳の女性・麻緒は
   ふと見かけた「死に装束を縫う裁縫教室」に通い始める。

   しかしそこではすぐに死に装束を縫うわけではなくて
   「はたちのときにいちばん気に入ってた服」や
   「十五歳のときに憧れていた服」などから作り始める。

   その過程で過去を思い返した彼女はどういう変化をとげるか。

   過去の辛さには胸が刺されるけれども、
   教室の先生や仲間の配慮や抱えているもの、
   彼女自身の思いにしみじみとし、
   そのバランスが絶妙に響いた。

ドレス  藤野可織   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドレス [ 藤野 可織 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/1/10時点)




2017年11月発行 河出書房新社 224P

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

愛しかったはずの誰かや確かな記憶を失い、見知らぬ場所にやって来た彼女たちの物語。文学と奇想の垣根を軽やかに超える8編。

【目次】(「BOOK」データベースより)

テキサス、オクラホマ/マイ・ハート・イズ・ユアーズ/真夏の一日/愛犬/息子/ドレス/私はさみしかった/静かな夜

【感想】

   8編からなる短編集。
   どれも怖くて不思議だった!

   SFっぽいのやホラーっぽいのや。

   どの短編も読み始めはふつうに思えるのに、
   こっそり自然にだんだん怖いところに連れて行かれてしまった。

   「ふつう」って何?ということなんだね、きっと。

未必のマクベス  早瀬耕 



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA) [ 早瀬 耕 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/11/22時点)




2017年9月発行 ハヤカワ文庫JA 

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

T企業Jプロトコルの中井優一は、東南アジアを中心に交通系ICカードの販売に携わっていた。同僚の伴浩輔とともにバンコクでの商談を成功させた優一は、帰国の途上、澳門の娼婦から予言めいた言葉を告げられるー「あなたは、王として旅を続けなくてはならない」。やがて香港の子会社の代表取締役として出向を命じられた優一だったが、そこには底知れぬ陥穽が待ち受けていた。異色の犯罪小説にして、痛切なる恋愛小説。

ふたご  藤崎彩織   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふたご [ 藤崎 彩織 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2017/11/12時点)




2017年10月発行 文藝春秋 328p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

彼は、わたしの人生の破壊者であり、創造者だった。異彩の少年に導かれた孤独な少女。その苦悩の先に見つけた確かな光。SEKAI NO OWARI Saori、初小説!

【感想】

   こんなに切実なつらさのある小説を書かれたことに
   ただただ頭が下がる。

   そしてその鋭さに胸を刺される。

   第一部ではそのつらさ鋭さゆえ
   主人公がどんどん落ち込んでいくのに同調して
   なかなか読み進められなかったけれど
   第二部ではそれらが
   前向きな力を生み出すきっかけとなっていくのに
   救われる思いがした。

   後書きで藤崎さん自身が
   執筆していた5年間は地獄の日々であったと書いてるけれど、
   それでもこれを書いたことで
   藤崎さんも救われたんじゃないかなと思った。

   正確にいうと、
   主人公たちや藤崎さんの、
   ものを生み出す人たちの壮絶な日々を思うと、
   そう思いたいということだけど。

   その後のインタビューなどを読むと、
   また次の小説を書きたいと言っておいでなので、
   それならよかったなあ、と思う。
   次の小説も楽しみにしています。

息子と狩猟に  服部文祥   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

息子と狩猟に [ 服部 文祥 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/9/4時点)




2017年6月発行 新潮社 176p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「秘密は自分の口からバレる。しゃべらなければ絶対にわからない」死体を抱えた振り込め詐欺集団のリーダーと、息子を連れて鹿狩りに来たハンターが山中で遭遇した。思いがけない対立の果ての驚愕のラストとは!?圧倒的なリアリティと息を呑む展開に震える表題作と、最も危険な山での極限下の出来事を描く「K2」の2篇を収録。常に生死と向き合う登山家であり猟師である著者だからこそ、生命の根源に文章表現で迫り得た渾身の傑作小説。

【目次】(「BOOK」データベースより)
息子と狩猟に/K2

【感想】

   2話収録。

   ひとつは息子と山に狩猟に出かけた男性が
   殺人犯と鉢合わせする話。

   もうひとつは登山者がK2登頂時に命の危険に面した話。

   どちらも極限状態で
   それぞれの哲学で行動を選んでいく彼らに
   寒気がした。
   わたしの知らない世界がここにあった。

神様ドライブ  浜口倫太郎   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神様ドライブ [ 浜口 倫太郎 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/6/2時点)




2017年2月発行 講談社 298p

【内容情報】(出版社より)

就職活動がうまくいかない休学中の大学生・みつるは、亡き父親そっくりの男・紡に声をかけられ、全国の神社を巡る旅に出る。途中で出逢った看護師ほのかも加わり、旅はいよいよ賑やかに。旅を続けるうち、紡が神社を巡るとした驚くべき理由を聞かされる。めまぐるしい冒頭から、心温まる中盤を経て、感動のラストまでーーノンストップのドライブをお楽しみください!
神社の数は全国に8万以上で、コンビニの数より多い。全国の神社は何のためにあり、どんな神を祀っているのか? お参りの仕方から鳥居の形の由来まで、この一冊を読めば神社のことがわかります。

【感想】

   ほぼ初対面の
   休学中のみのる、休職中の紡・ほのかの三人が
   ハイエースに乗って
   四ヶ月間全国各地の神社をめぐり、
   お互いへの理解を深め
   それぞれの心の傷を癒していく。

   心温まるいいお話。
   神社や神話の薀蓄も楽しかった。