FC2ブログ

よろしくたのむぜ、サンタクロース  籾山市太郎   



よろしくたのむぜ、サンタクロース

よろしくたのむぜ、サンタクロース
著者:籾山市太郎
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年11月発行 光文社 229p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

何の変哲もない地方都市・磯原市(通称いそっぱら)を牛耳る会社「たたらフーズ」のワンマン社長、多々良萬福はある日突然、いそっぱらを一年中クリスマスの雰囲気にすると宣言、矢継ぎ早に指令を出し始めた。当然、社員も市長も議員も右往左往。萬福社長の目的は一体ー?「素直な人間愛に好感」(藤沢周氏)、「ドキドキ感が持続する、尋常じゃない引き込み力」(三浦しをん氏)と両選考委員絶賛の「アッティラ!」で2010年小説宝石新人賞を受賞しデビューした著者、会心の書下ろし長編。

【感想】

   地方都市の食品企業の社長の
   ツルの一声で始まった一年中クリスマス!という
   町おこしと事業計画。

   それに振り回される従業員と町の面々。

   いったいこの話はどこに向かってるの?
   どうなるの?と
   はらはらどきどきわくわくと楽しみました。

   出てくる人物がそれぞれ持ち味があって
   それを生かして職務に邁進するのを読むのが面白かったです。
   (必殺味見人の野村さん、最高!笑)。

   最後に明らかになる、
   社長が目指していたことはなかなかにびっくりしたのだけど、
   温かい気持ちで読み終えました。

スポンサーサイト



アッティラ!  籾山市太郎 




アッティラ!

2011年11月発行 光文社 216p
 
【内容情報】(「BOOK」データベースより)

突然町に現れた大きなキャンピングカー。その中では、アッティルカイラーと名乗る移動民族が夜な夜な彼ら独自の音楽を演奏していた。会社員、キャバクラ嬢、パニック障害。少しの寂しさを抱える町の住人たちは、アッティルカイラーたちが奏でる音楽と振舞われる料理に惹きこまれていく。恋は素敵!酒はうまい!子供はかわいい!アッティルカイラーが紡ぐ極彩色のフレーズが、何の変哲もない彼らの生活を鮮やかに染め上げていく!第4回小説宝石新人賞を受賞した表題作のほか、書下ろし中編を含む3編に流れるのは、人生を照らす肯定感。

【目次】(「BOOK」データベースより)

アッティラ!/ほもよろを/マルチャペル

感想

   第4回小説宝石新人賞受賞作「アッティラ!」を含む
   3つの短編。

   表題作はアッティラ王の導きによって日本にやってきた
   フン族の末裔たちが独自の音楽を奏でて
   知り立った人たちに影響を与える、っていう
   架空の設定のお話。

   無国籍の人たちと日本人との
   それぞれの事情や思いが溶け合って
   濃いエネルギーが満ち溢れていました。

   彼らの奏でる独特の音楽が文字で表されていて、
   そこから他の人はどんな音楽を想像するのかなぁ。

   表題作のほか「ほもよろを」も「マルチャペル」も
   ダジャレとスピリチュアルと音楽要素の入った物語。
   3つの中では私は「ほもよろを」がいちばん好きです。
   吉村君の気持ちがやさしくていいな、と思いました。