FC2ブログ

自分を好きになる方法  本谷有希子   



自分を好きになる方法

自分を好きになる方法
著者:本谷有希子
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年7月発行 講談社 186p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

16歳のランチタイム、28歳のプロポーズ前夜、34歳の結婚記念日、47歳のクリスマス、3歳のお昼寝時間、63歳の何も起こらない一日…ささやかな孤独と願いを抱いて生きる女性の一生を「6日間」で描く、新境地長篇小説!

【感想】

   なんだか面白かったな~。

   一人の女性の16、28、34、47、3、63歳の
   それぞれ、ある一日の様子が積み重ねることで、
   その女性の一生が描かれている。

   自分の好きなように生きてきて幸せだと思えるなら
   それは幸せなことよね。
   他人からどう見えようとも。

スポンサーサイト



嵐のピクニック  本谷有紀子   


嵐のピクニック

嵐のピクニック
著者:本谷有希子
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年6月発行 講談社 185p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

優しいピアノ教師が見せた一瞬の狂気を描く「アウトサイド」、ボディビルにのめりこむ主婦の隠された想い(「哀しみのウェイトトレーニー」)、カーテンの膨らみから広がる妄想(「私は名前で呼んでる」)、動物園の猿たちが起こす奇跡をユーモラスに綴る「マゴッチギャオの夜、いつも通り」、読んだ女性すべてが大爆笑&大共感の「Q&A」、大衆の面前で起こった悲劇の一幕「亡霊病」…などなど、めくるめく奇想ワールドが怒涛のように展開する、著者初にして超傑作短篇集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

アウトサイド/私は名前で呼んでる/パプリカ次郎/人間袋とじ/哀しみのウェイトトレーニー/マゴッチギャオの夜、いつも通り/亡霊病/タイフーン/Q&A/彼女たち/How to burden the girl/ダウンズ & アップス/いかにして私がピクニックシートを見るたび、くすりとしてしまうようになったか

【感想】

   短編集。

   ヘンな話ばっかり13個も!
   ヘンでしょ、ヘン。笑。

   カーテンの膨らみに人がいると思って
   それに囚われてしまう人とか、
   試着室から1日以上出てこない客に
   付き合う店員とか。

   よくこんな話を思いついて文章にできるなあ。

   日常からふっと離れられます。

グ、ア、ム  本谷有希子   



2008年6月発行 新潮社 153p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

母・姉・妹の女3人、いざ南の島へ!(父は留守番)…しかし、天気も気分も荒れ模様。緊張感漂う2泊3日、壮絶で痛快な本谷流ホームドラマ。

感想

   母娘、姉妹の きれいごとではすまない関係が
   描かれていました。