FC2ブログ

リケイ文芸同盟  向井湘吾   



リケイ文芸同盟

リケイ文芸同盟
著者:向井湘吾
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年2月発行 幻冬舎 245p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

理系のオレが、なにゆえ文芸編集者!?クレーマーの作家、「熱意」大好き上司らを相手に、新人編集者の桐生はベストセラーを出せるのかー。作家、編集者、営業マン、書店、読者…。本を愛する人々の笑いと涙の物語。

【感想】

   出版社で科学書の編集をしていた
   数学科卒業の桐生が
   入社3年目に文芸書の編集部へと異動。

   これまでと違うやり方にとまどいながらも
   数学科ならではの切り口から
   ベストセラーを生み出そうとする…。

   数学科と文芸との取り合わせが新鮮。
   出版社の状況が興味深かった。
   大学同級の嵐田がいいやつだ。

スポンサーサイト



お任せ!数学屋さん2  向井湘吾   



ある日、アメリカに転校した宙から、「数学屋」を引き継いだ遥に、とある難題が持ち込まれるがーー。話題の数学小説待望の第二弾!

お任せ!数学屋さん(2)

お任せ!数学屋さん(2)
著者:向井湘吾
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2014年10月発行 ポプラ社 334p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

数学屋」にピンチ到来!?天才数学少年・宙と体育会系女子・遥の凸凹コンビが営んでいた、摩訶不思議なお店「数学屋」。日常の困り事から恋愛相談まで、中学の同級生から寄せられるどんな問題でも「数学」を使って華麗に解決してきた人気のお悩み相談所だったが、宙のアメリカへの転校によって最大の危機を迎える。宙の不在により、たった一人で「数学屋」を引き継ぐことになった遥の前に、一筋縄ではいかない難問が持ち込まれたのだった…

【感想】

   シリーズ第2弾。

   前作で中学校内の困りごとを
   数学で解決する数学屋を始めた
   相棒の宙がアメリカに行ってしまい、
   残された遥は仲間たちと数学屋を継続する。

   文化祭の出し物決め、アーチ作り、イベント、
   不登校に、数学を武器にして取り組みます。

   少し強引な感じがしないでもないですが、
   こんな風に日常生活に
   数学を活用できたらいいですね。

かまえ!ぼくたち剣士会  向井湘吾   


かまえ!ぼくたち剣士会

かまえ!ぼくたち剣士会
著者:向井湘吾
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2014年4月発行 ポプラ社 339p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

中学時代に起きた“ある出来事”をきっかけに、大好きだった剣道から離れ、趣味のパズルに没頭する日々を過ごしていた慧一。しかし、高校の同級生・龍心からの強引な勧誘を断りきれず、「でこぼこ剣士会」なる、へんてこな同好会に入会することになってしまう。メンバーはたったの6人。慧一のほか、茶髪にピアスの中本、異様に無口な湯原、老け顔の柴崎、そして隻腕ー片腕の剣士・龍心、女子マネージャーの蓮。彼らは、無謀ともいえる、初めての団体戦に挑戦することに…。個性派ぞろいの面々の中、慧一は、本当の強さを手に入れることができるのか!?

【感想】

   パズルが得意で体力のない高校生・慧一が
   出会った剣道同好会。

   弱点がありながらも剣道に打ち込む彼らに刺激を受けて
   慧一も成長していく
   まっすぐなお話!

   剣道とパズルの組み合わせや
   メンバーの個性が面白く、
   試合のシーンは息をのむほどアツい!

   登場人物たちが語り実践する剣道の哲学が
   ほ~そうなのか~と
   とっても深くて
   新たな知識をもらいました。

   向井さんご自身も
   剣道と数学をよくなさっているとのことで、
   その経験がいかんなく注ぎ込まれている印象です。

お任せ!数学屋さん  向井湘吾   


お任せ!数学屋さん

お任せ!数学屋さん
著者:向井湘吾
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年6月発行 ポプラ社 326p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

数学が苦手な中学二年生の遥の前に、不思議な転校生・宙がやってきた。「数学で世界を救うこと」が将来の夢だと語る彼は、ある日突然、どんな悩みでも、数学の力で必ず解決してくれるという、「数学屋」なる謎の店を教室内で開店する。はじめは遠巻きに見ていた遥も、店を手伝いはじめることに…。どんな相談事も華麗に解決していく二人だが、投書箱に届けられたある一通の悩み相談の手紙から、数学では解けそうにない「人の感情」という、超難問にぶつかることに。彼らは果たしてどんな答えを導くのか!?数学嫌いも夢中にさせる、感動の青春数学小説。

【感想】

   微笑ましい中学生のお話。

   数学が得意な転校生・宙が
   皆の悩みを数学で解決する「数学屋さん」を開業したのに
   付き合うようになり、数学の力に気づいた遥。

   私も難しい数式は理解できないけれど
   数学にロマンを感じたし、
   それに取り組む二人が可愛かった~。