FC2ブログ

2.43 清陰高校男子バレー部 春高編  壁井ユカコ   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2.43 清陰高校男子バレー部 春高編 [ 壁井 ユカコ ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/12/30時点)




2018年9月発行 集英社 456p

【内容情報】(出版社より)

春の高校バレー開幕!
初出場を決めた福井県代表・清陰高校。
待ち受ける対戦相手は、身長202cmの未来の日本代表候補、川島賢峻を擁する北海道代表・鹿角山高校、インターハイを制した全国王者の福岡代表・箕宿高校、強いバレーを目指す監督のもと全国から選手が集う東京都代表・景星学園……。
だが清陰は、全国の強豪に臆することなく、築き上げてきたチームの力で頂点を目指す。身長163cmの熱血主将・小田と、秀才で毒舌家の副将・青木の3年生コンビ。急遽マネージャーとしてスカウトされた女バレの末森と、彼女に中学時代から想いを寄せてきた棺野の2年生コンビ。そして、セッターとして天才的な力を持ちながら他人と摩擦を起こしてばかりの灰島と、圧倒的な運動能力を持つエースだがプレッシャーに弱い黒羽の1年生コンビ。
この仲間で戦えるのは、今年の春高が最後。だからこそ、負けられない。シリーズ史上最も熱く、最も泣ける、最強の青春スポーツ小説。

【感想】

清陰高校が春高にでた日々。そこに至るまでの清陰高校や対戦相手のこれまで。ぎゅっと凝縮された濃密な大会期間だった。ユニチカや清陰高校のメンバーだけでなく、対戦相手の選手たちも魅力的な子ばかりだったなぁ。
スポンサーサイト



空への助走  壁井ユカコ   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空への助走 福蜂工業高校運動部 [ 壁井 ユカコ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/10/21時点)




2016年10月発行 集英社 312p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

福蜂バレー部・高杉潤五はエース争いで三村統に負けて…。陸上部のヘタレな後輩・柳町が急成長。原動力は元部長への恋!?柔道部の顧問と衝突して稽古をサボった長谷。逃避した先は海。高校生活最後の年に3年生たちが交わす熱い誓い。大人気シリーズ「2.43清陰高校男子バレー部」の著者が贈る青春部活ストーリー。

【目次】(「BOOK」データベースより)

強者の同盟/空への助走/途中下車の海/桜のエール

【感想】

   『2.43』のサイドストーリーズ。

   福蜂や他の福井の高校の、
   バレー部、陸上部、柔道部などの部員たちのお話。

   自分もこの中にいて、
   たくさん汗かきながら
   きらきらの高校生生活を送れていたら
   どんなにいいだろうと思った。

   『2.43 セカンドシーズン』を読んでいたので
   「すばる~すばる~~」って思いながら読んだ。

2.43 清陰高校男子バレー部 second season  壁井ユカコ  ☆   



2.43(second season)

2.43(second season)
著者:壁井ユカコ
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年6月発行 集英社 373p

【内容情報】

東京の強豪校から転校してきた天才セッター灰島、発展途上のエース黒羽、163cmの熱血主将・小田、193cmのクールな副主将青木が集う福井県立七符清陰高校男子バレー部。今のメンバーで全国を目指す最後のチャンスは“春高バレー”ただ一つ。清陰は県内最強エースアタッカー三村統が率いる常勝校・福蜂工業を下さなければならない。11月。ついに清陰と福蜂の正面対決が
幕を開けるーー!

【感想】

   天才一年生セッター率いる凸凹チーム清陰と
   県内最強エースが率いる常勝校・福蜂が
   春校バレーの切符をかけて激突!

   あーもう!

   みんな不器用で一生懸命でかわいくて!

   どっちにも勝たせてやりたくてじたばた。

   彼らにまた会いたい。
   春校バレーに行くことになった高校の彼らだけ出なく、
   雄々しく負けていった彼らにも。

   それくらい、みんなみんな、
   本の中で生きていた。

   バレーに友情に淡い恋。
   とびっきりの青春スポーツ小説でした。

   しかし、すばるにはほれたわ。

2.43 清陰高校男子バレー部  壁井ユカコ   



きっと、おまえとなら越えられる──。田舎の弱小男子バレーボール部に、東京の強豪校からワケあり選手がやってきた。目指すは全国! まぶしいほどに純粋、てれくさいほどまっすぐな長編青春小説。

2.43

2.43
著者:壁井ユカコ
価格:1,785円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年7月発行 集英社 394p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

不器用でひたむきなバレー男子たちが、たった一度きりの“今”をつかみとる。目指すは全国。地方弱小チームの闘いが始まる!

【感想】

   よかった~。

   弱小男子高校バレー部に集ってきた部員たちの物語。
   バレーにかける青春がアツい!

   天才セッター、眠れる大砲、
   小柄だけど気持ちはでかい主将などなど。

   それぞれ抱えるものがありながら
   バレーに打ち込む彼らがかわいい!

   突き抜けた存在であるがゆえに周りと衝突してしまうチカと、
   彼とバレーをしたくてたまらないユニを軸として
   話は進みます。

   うまく行きそうになったと思うと
   壁にぶつかったりして、
   あーもー!とじたばた。

   物語にぐいぐいっとひきこむ力が凄かったです!

   チカとユニだけでなく、
   小田と青木、棺野と末森のコンビのお話も
   とてもよかった。

   お互いを思い合っているようで、
   本当の気持ちにきづいてなかったりして、
   やきもきしちゃうぞ!
   (青木、がんばれ!) 

   続編出てほしいなあ。
   また彼らの物語が読みたいです。

   そしてもともとバレーの試合を見るのは好きだったけれど、
   またこれからいっそう熱を入れて見ちゃいそうです!