FC2ブログ

記憶屋  織守きょうや   



記憶屋

記憶屋
著者:織守きょうや
価格:648円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年10月発行 角川ホラー文庫 302p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

大学生の遼一は、想いを寄せる先輩・杏子の夜道恐怖症を一緒に治そうとしていた。だが杏子は、忘れたい記憶を消してくれるという都市伝説の怪人「記憶屋」を探しに行き、トラウマと共に遼一のことも忘れてしまう。記憶屋など存在しないと思う遼一。しかし他にも不自然に記憶を失った人がいると知り、真相を探り始めるが…。記憶を消すことは悪なのか正義なのか?泣けるほど切ない、第22回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作。

【感想】

   ホラー文庫だけどホラーじゃないわ。

   記憶の一部を消してくれる記憶屋の出てくる
   青春ミステリ? 

   消したい記憶が消えたら嬉しいかな。
   怖くてどうしようない思いをした記憶なら
   消してもらえたら嬉しいかも。

   好きだった相手に忘れられたらせつないね。

   帯が煽りすぎだよね。

スポンサーサイト



黒野葉月は鳥籠で眠らない  織守きょうや  ☆   



黒野葉月は鳥籠で眠らない

黒野葉月は鳥籠で眠らない
著者:織守きょうや
価格:1,674円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年3月発行 講談社 284p

【内容情報】(出版社より)

ただ、覚えておけばいいよ。 絶対に欲しいものが決まってる人間が、 どれだけ強くて、怖いものかを。 15歳の少女にわいせつな行為をさせたとして21歳の元家庭教師が逮捕された。被疑者の大学生は何かを諦めたように本心を話さない。頭を抱える新米弁護士の前に現れた黒野葉月ーー被害者の高校生は、やがて途轍もない行動を起こす。 法の奥深くへ分け入り、新米弁護士木村と先輩高塚のコンビが知る、四つの秘密。予測不能の事件の行方。 加害者も、被害者もーー相談者たちは、一様に何かを隠している。 実力派新人作家が放つ、鮮烈な読後感の表題作を含む連作長編リーガル・ミステリ! 目次 黒野葉月は鳥籠で眠らない 石田克志は暁に怯えない 三橋春人は花束を捨てない 小田切惣太は永遠を誓わない

【目次】(「BOOK」データベースより)

黒野葉月は鳥籠で眠らない/石田克志は暁に怯えない/三橋春人は花束を捨てない/小田切惣太は永遠を誓わない

【感想】

   タイトルや表紙から
   エキセントリックな話かと思っていたら
   (ちょっとビクビク)、

   新米弁護士が
   依頼人の真実に驚かされる(私も驚いた)、
   普通の、
   軽めの、
   でもとても面白いリーガルミステリーでした。

   4つのお話が入っています。
   続編希望!