FC2ブログ

赤い靴  大山淳子   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤い靴 (一般書) [ 大山 淳子 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/10/16時点)

楽天で購入



2018年8月発行 ポプラ社 412p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

七歳の誕生日の夜、葵は母親を目の前で惨殺された。誰が何のために母を殺したのかー。奇跡的に生き延びた葵がたどり着いたのは、超然とした佇まいの老人と犬が支配する人跡未踏の山中だった。隔絶された世界で成長した葵は、ある出来事の後、復讐の念を魂に刻んで下山する。「死ぬってどういうことだとあなたは思う?」生と死の狭間で交錯する欲望。葵が最後に見たのは、希望か絶望かー。驚愕のラストまで一気読み必至の傑作長編!!

【感想】

   とてもハードな味わいで
   『猫弁』などを書かれたあの大山さんの小説?と驚き。

   七歳の誕生日の夜に
   母親を目の前で惨殺された少女のその後。

   え?そこはそうなる?と思ったところもあったけれど、
   面白かったです。

スポンサーサイト



光二郎分解日記 西郷さんの犬  大山淳子   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

光二郎分解日記 西郷さんの犬 [ 大山 淳子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/8/16時点)




2017年7月発行 講談社 258p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

西郷さんの銅像から、愛犬ツンが盗まれた!?手がかりは残された尻尾と、石鹸。“ふたりで一人の迷探偵”が再び大活躍!

【感想】

   分解が趣味で記憶が怪しい老人・光二郎と
   その孫の予備校生・かけるが
   警察に頼まれて
   上野の西郷さんの犬を盗まれた事件の
   手伝いを始めたことからつながるあれやこれや。

   楽しく癒されるミステリ。
   猫弁に対して、こちらは犬フィーチャーです。

あずかりやさん 桐島くんの青春  大山淳子   



2016年9月発行 ポプラ社 299p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

東京の下町にある商店街のはじでひっそりと営業する「あずかりや・さとう」。店を訪れる客たちは、さまざまな事情を抱えて品物をあずけにくる。どんなものでも一日百円。店主の桐島はなぜこんな奇妙な店を開いたのか?その理由は、桐島の青春時代に隠されていた―。

【感想】

   シリーズ第二弾。

   店主桐島くんの高校時代のお話や、
   店にある文机、オルゴールなどの思い出話。

   文机の話が特に面白かった。

   お店の成り立ちがわかるあたたかい一冊だけど、
   次はまた
   あずかりものやあずけに来る人たちのお話が読みたいな。

牛姫の嫁入り  大山淳子   



牛姫の嫁入り

牛姫の嫁入り
著者:大山淳子
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2016年5月発行 角川書店 261p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

江戸時代中期。忍者派遣業を営む三日月村で育った美貌の女忍び・コウは、旗本・加納家に派遣される。コウの任務は、十万石の大名である藤代家の娘・重姫を誘拐してくること。かつて伝説の美少女と噂された重姫は藤代家当主の溺愛により、ここ10年、人前に姿を見せずにいた。しかし、三日月の夜に屋敷へと忍び込んだコウが見つけ出したのは、引きこもって丸々と太った重姫の、変わり果てた姿だったー。女忍びの真っ直ぐな生き方が心に響く。「猫弁」シリーズの著者による、時代劇エンターテインメント、開幕!!

【感想】

   楽しかった!

   誘拐しにきた姫が
   噂とは違い太ってしまってたのを
   健康的に変身させようとする派遣忍びたち。

   忍びたちの奮闘が面白く、
   姫を思う気持ち、
   また姫のかわいらしさなどが
   あたたかく、よい読後感。

   今回の話は一件落着だけど、
   続編でてほしいな~。

分解日記 光二郎備忘ファイル  大山淳子   



分解日記

分解日記
著者:大山淳子
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年6月発行 講談社 269p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

光二郎は、家出中に公園のベンチでうたた寝をしていた。目が覚めると、右手には血のついたカマを持ち、目の前には男が倒れている。孫のかけるとひかりは、光二郎逮捕の知らせを聞き仰天。“じいちゃん”を救うために、警察署へと急ぐ。果たして犯人は?前代未聞のヒーロー登場!?二宮光二郎、七十五歳、趣味は分解!

【感想】

   大山さんの
   『猫弁』の次のシリーズはこれだ!

   75歳の
   機械分解・修理が趣味の光二郎。

   楽しい家族の助けを借りて、
   人の困りごとも分解・解決!

   またまた個性的な人物が主人公で、
   周りの人もよいキャラだし、
   面白かった~。

   これから先が楽しみ!

猫は抱くもの  大山淳子   



猫は抱くもの

猫は抱くもの
著者:大山淳子
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年4月発行 キノブックス 255p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

幸せの形は、十猫十色。「人間と猫は、一緒にいたほうが幸せなのか?」「それは、めぐりあわせだから」「猫弁」の著者が贈る、猫と人間のあたたかく切ない絆の物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)

良男と沙織/キイロとゴッホ/哲学者/それぞれのクリスマス/ルノワール

【感想】

   ねこすて橋に集まる猫たちと、
   その猫たちが関わった人間たちのお話。

   あったかくてやさしくて、
   そしてどこかせつなくて、
   さすが大山さん!な
   猫の出てくる連作短編集でした。

   犬派のわたしも、
   しみじみ猫はいいものだと思いました。

猫弁と魔女裁判  大山淳子   



猫弁と魔女裁判

猫弁と魔女裁判
著者:大山淳子
価格:1,566円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2014年6月発行 講談社 279p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

百瀬太郎は、青い瞳をした女性国際スパイの強制起訴裁判に指定弁護人として選任された。挙式の相談に乗ってくれない百瀬に困惑する婚約者の亜子。事務所に帰ってこない主を待ちわびる野呂と七重。飼い主と会えずに寂しい日々を送るテヌー。百瀬の事務所を手伝う赤井、百瀬の身を案じる法律王子と透明人間、百瀬を利用しようとする秦野…。一心不乱に裁判の準備をする天才弁護士は、シリーズ最終巻にしてついに法廷に立つ。

【感想】

   シリーズ最終巻!
   ついに終わってしまいましたー!

   キャラクター勢揃いで
   見事に美しく温かく閉じてくださいました。

   あちらこちらでぐっときつつ読み進め、
   最後にうるうる。

   はー、よかった!

   百瀬と亜子はもちろん好きですが、
   私は七重さんがいちばんお気に入り♪

   しかし
   3年後の彼女の命は安全なのでしょうか。
   それだけが気になります。

猫弁と少女探偵  大山淳子   



猫弁と少女探偵

猫弁と少女探偵
著者:大山淳子
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年8月発行 講談社 255p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

飼い猫テヌーの足跡を見て、自身の「大いなる欠け」を知った天才弁護士・百瀬太郎。三毛猫が失踪してしまい、百瀬とコンビを組んで猫を探す少女。誕生日に百瀬からの贈り物を期待していた、婚約者の大福亜子。百瀬法律事務所の手伝いをする、イタズラ好きの少年。やっかいでかけがえのない人たちの問題を抱えた百瀬のもとに、百瀬次郎と名乗る、赤毛の青年までやってきてー。大切なものたちを守るハートフルミステリー、急展開の第四弾!

【感想】

   シリーズ第四弾。

   少女少年に真摯に対応する百瀬、
   婚約者に頓珍漢な行動をとり、そして「卒業」してしまう百瀬。

   そんな百瀬にあたたかな目を注ぐ人々。

   相変わらずの、いいお話だ!

   ほのぼの、じんとさせてくれるこのシリーズも
   次巻が最終巻とのこと。

   寂しくなるなあ。

イーヨくんの結婚生活  大山淳子   



イーヨくんの結婚生活

イーヨくんの結婚生活
著者:大山淳子
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2014年3月発行 講談社 251p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

五人兄弟の夏目家で、長男が亡くなった。通夜にあらわれたのは、誰も会ったことのない長男の婚約者。五人の世話をしてきた伯父は、頼まれごとを断わらない五男の伊代太に、長男の婚約者と結婚するように頼む。

【感想】

   五人兄弟の長男の通夜の席に現れた身重の女性。
   なんと伯父は五男のイーヨくんと結婚させようとし、
   なんでも「いいよ」と言うイーヨくんはそれを承知する!

   驚きと温かさのある家族小説でした。

   おかあさんの愛に泣けます。

猫弁と指輪物語  大山淳子   



密室猫妊娠、婚約者との秋田旅行、アルビノのヘビ…天才百瀬は大忙し!

猫弁と指輪物語

猫弁と指輪物語
著者:大山淳子
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2013年2月発行 講談社 269p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

カギのかかった部屋で、女優の飼い猫が妊娠した。天才弁護士・百瀬太郎に持ち込まれた依頼は「密室猫妊娠事件」。そこに盟友の動物病院を訴えたいという、新たな依頼が降ってきた。アルビノのビルマニシキヘビを、無断で転売されたという。しかし百瀬は、当日に婚約者にエンゲージシューズをプレゼントするための秋田旅行を控えていて…。一生懸命生きる人たちが胸に抱えた、それぞれの迷いと謎。果たして百瀬は、欠けたピースを埋めることができるのか?すべてがつながるハートフルミステリー、大好評第三弾。

【感想】

   シリーズ第三弾。

   今回は「密室猫妊娠事件」を軸に、
   まことの動物病院訴訟問題や、
   百瀬と亜子の一泊旅行予定を絡めつつ、
   七恵さんが大活躍、
   そしてあらゆるピースがぱちりとはまる
   気持ちのいいラストへと。

   心地よく楽しかった。

   女性たちが強くたくましい!

   いろいろなアイデアを繰り出す
   春美さんの今後が気になるわ~。

   もう第4弾の『猫弁と少女探偵』も出ているので
   早く読もう。