FC2ブログ

小太郎の左腕  和田竜


小太郎の左腕

2009年11月発行 小学館 316p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

一五五六年。戦国の大名がいまだ未成熟の時代。勢力図を拡大し続ける戸沢家、児玉家の両雄は、もはや開戦を避けられない状態にあった。後に両陣営の命運を握ることになるその少年・小太郎のことなど、知る由もなかった─。

感想

   戸沢家の武将・林半右衛門と
   彼が合戦のさなか 見出した鉄砲の名手・小太郎の
   運命がスピーディーに描かれていました。

   豪放で磊落な半右衛門の振る舞いが愛嬌があって
   憎めない人物に仕上がっていました。
   戦国時代初期ならではの 人対人のまっすぐな戦いの様子が
   小気味いいです。

   すさまじいまでの小太郎の鉄砲の腕が
   もたらす運命の狂い。
   ラストは切ないです。   
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyonkiti2012.blog.fc2.com/tb.php/1096-92b9fbbe