FC2ブログ

純平、考え直せ  奥田英朗  




純平、考え直せ

2011年1月発行 光文社 277p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

坂本純平、21歳。新宿・歌舞伎町のチンピラにして人気者。心酔する気風のいい兄貴分の命令は何でも聞くし、しゃべり方の真似もする。女は苦手だが、困っている人はほうっておけない。そんな純平が組長から受けた指令、それは鉄砲玉(暗殺)。決行までの三日間、純平は自由時間を与えられ、羽を伸ばし、様々な人びとと出会う。その間、ふらちなことに、ネット掲示版では純平ネタで盛り上がる連中が…。約一年半ぶりの滑稽で哀しい最新作。

感想

   ヒットマンに指名されたヤクザの最若手の純平。
   決行を前に
   大金と3日間の猶予を与えられ
   新宿の街や生まれ故郷で
   やりたい放題。

   知り合った女の子がネットに純平のことを
   書き込んだら それについて見知らぬ人たちが
   侃々諤々。

   新宿では 対立する組とけんかしたり
   不思議な老人と知り合ったり
   テキ屋の若者と友人になったり
   憧れの女性と話をしたり。
   今まで出来なかった経験を積む。

   生まれ故郷では 後輩にいい顔をして見せたり
   母親とぎくしゃくと話をしてみたり。

   次第次第に近付く決行の時。
   純平がヒットマンに指名された裏事情なども
   垣間見えてくるけれど
   あくまでもやる気の純平。

   現実社会と ネット社会が
   純平を注視して
   どんどん渦を巻くように熱気が高まっていく
   勢いが素晴らしかったです。
   
   ただねぇ、ラストがねぇ
   ちょっと私にとっては拍子抜けしちゃいました。
   どうなんでしょ、これ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyonkiti2012.blog.fc2.com/tb.php/1325-9b42f0f4