FC2ブログ

すべての若き野郎ども  久保寺健彦 ☆   




すべての若き野郎ども

2008年9月発行 講談社 254p 

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

生涯戦績、317勝無敗(自称)の達夫と、元暴走族特攻隊長・恭平は、最強コンビを組み「天下統一」を目指す。五つの暴走族、地元のヤクザを向こうに回し旋風脚と皿割りで連戦連勝。そこに立ちはだかる伝説の男の正体は?天下無双のスケールにドラマ化が追いつかない!?でも、とりあえずガンガンいきゃあいいんだよ!TBS・講談社第1回ドラマ原作大賞選考委員特別賞受賞作。

感想 

   面白かったです!
   ひょんなことからコンビを組むことになった
   達夫(15歳)と恭平(16歳)がくりひろげる
   暴力に彩られた娯楽の日々。

   つるまずに、独立して生きていくための
   暴走族ややくざとの闘い。
   そこには 偶然の勝利というものもあるのですが
   痛い思いもしているけれど
   コミカルな戦いの連続。

   達夫は頭がよくて名門高校に通っているのに
   おもしろくてバカなことばかり追い求め
   恭平は高校中退して 暴走族にいたけれど
   達夫と付き合ううちに 
   物事を深く調べ本質を見抜くという才能を
   開花させていく。

   元気よく バカばっかりやって
   危なっかしくて おかしい達夫と恭平の青春の日々。
   なんて充実した日々なんでしょう。
   親という立場からしたら 
   とても正気ではいられないと思いますが
   (でも 達夫と恭平の親は太っ腹!)
   一読者としては 二人の活躍を
   わくわくどきどきと 
   とても楽しく面白く 読ませてもらいました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyonkiti2012.blog.fc2.com/tb.php/1403-1afbead2