FC2ブログ

私のミトンさん  東直子    




私のミトンさん

2011年7月発行 毎日新聞社 253p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

大切な“小さい人”。離れてゆく恋人。眠り続ける赤ん坊。迷える私たちの前にあらわれた、身長50センチのおばあさん。今日も幸せでありますようにー東直子が贈る、愛しい人々の物語。

感想 

   アカネが移り住んだミキヒコ叔父さんの家の
   床下には身長50センチのおばあさんが
   住んでいた!

   このおばあさん、口が悪くて可愛げはないけれど
   なぜか憎めない。
 
   彼女と出会ってから
   つきあってた彼とうまくいかなくなったり
   長い間会ってなかった友人と再び出会って
   彼女の眠り続けている赤ちゃんや
   海に航海に行ったまま帰ってこない夫のことを知ったり
   母親の包容力に改めて救われたり
   ミキヒコ叔父さんの隠していた気持ちに気付いたり。

   人と人とのつながりの不思議さや
   命のはかなさ・それゆえの尊さが
   ふんわりと伝わってくる
   大人のおとぎ話でした。

   読み終えて幸せなため息をついた一冊。
   
   彼があんまり気に入らないけれど(笑)。

   ちょこっとネタバレなので反転。
   「最後彼はどこに行ったのかな。
   アカネが会いたいと心から思えば
   会えるのかな。

   
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyonkiti2012.blog.fc2.com/tb.php/1507-f47d118a