FC2ブログ

雪の香り  塩田武士   



雪の香り

雪の香り
著者:塩田武士
価格:1,782円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2014年6月発行 文藝春秋 348p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

舞台は京都。新聞記者・恭平は捜査情報の中に、十二年前に失踪した学生時代の恋人・雪乃の名前を見つけ、驚愕する。なぜ彼女は消えたのか?取材を進める中で浮かび上がる雪の秘密。そして物語は運命の日、祇園祭の宵山へ…。気鋭の著者が「書き終えたくない」ほどの情熱を注いだ純愛ミステリーの傑作が誕生しました。

【感想】

   昔、突然姿を消した
   新聞記者・恭平の学生時代の恋人・雪乃の名前が
   捜査資料の中に。

   それと時を同じくして
   二人は再会。

   雪乃の謎を
   恭平が昔を思い出しつつ探る
   京都を舞台とした一冊。

   雪乃がないわあ、っていう女性なんだけど(笑)、
   謎が気になるし
   二人の会話が面白い。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する