FC2ブログ

雲は湧き、光あふれて  須賀しのぶ  ☆   



雲は湧き、光あふれて

雲は湧き、光あふれて
著者:須賀しのぶ
価格:583円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年7月発行 集英社オレンジ文庫 236p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

超高校級スラッガーの益岡が最後の甲子園を前に腰を故障した。監督は益岡を代打で起用し、さらに補欠の俺を益岡専用の代走としてベンチ入りさせると言うのだ。そんな理由で数少ない選手枠を奪っていいのか?益岡との関係もギクシャクする中、ついに地方大会が始まって…。友情、嫉妬、ライバル心、そして一体感。少年たちの熱い夏を描いた涙と感動の高校野球小説集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

ピンチランナー/甲子園への道/『雲は湧き、光あふれて』

【感想】

   甲子園開幕の今こそ読むべき本!

   高校野球を舞台にした中編3編。

   それぞれの主人公は
   現代の高校球児・
   取材する新聞記者・
   そして第二次大戦中の高校球児。

   どれもすごくよかった!

   特に表題作である最後の1編。

   戦後70年の今、
   考えさせられ、泣いた。

   夏の選手権大会歌がぐるぐるリピートします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する