FC2ブログ

羊と鋼の森  宮下奈都  ★   



羊と鋼の森

羊と鋼の森
著者:宮下奈都
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2015年9月発行 文藝春秋 243p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

【感想】

   読んでいる途中、ずっと、
   いいな、って思っていた。

   そして、読み終えて、
   すごくいいな、って思った。

   これ、と思えることを見つけられたこと、
   それに誠実に取り組むこと、
   つまづいてもあきらめないほどの「好き」があること、
   ついていきたい人打ち込みたい人を見つけられたこと、
   自分の中にある美しさに気づけたこと、
   そして、
   音楽や自然の美しさ。

   なんか、もうもう、ぜんぶいいな、って思った。

   北海道の山から出てきて
   ピアノの調律に出会った青年の話。

   圧倒的な「肯定」や「愛」のある話。

   青年を応援しながら読んでいるようでいて、
   その実、自分が応援されていたことに、
   読み終えて気づいた。

   宮下さんの中には、
   いったいどれだけの、
   人や音楽や自然に対する愛があるのだろうと、
   読み終えてふるえた。

   すごくすごくよかった。
   すごくすごく励まされた。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する