FC2ブログ

たった、それだけ  宮下奈都  ★   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

たった、それだけ [ 宮下奈都 ]
価格:589円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「逃げ切って」。贈賄の罪が発覚する前に、望月正幸を浮気相手の女性社員が逃がす。告発するのは自分だというのにー。正幸が失踪して、残された妻、ひとり娘、姉にたちまち試練の奔流が押し寄せる。正幸はどういう人間だったのか。私は何ができたか…。それぞれの視点で語られる彼女たちの内省と一歩前に踏み出そうとする“変化”。本屋大賞受賞作家が、人の心が織りなす人生の機微や不確かさを、精緻にすくいあげる。正幸のその後とともに、予想外の展開が待つ連作形式の感動作。

【感想】

   「逃げる」ということに
   これほど肯定的な小説を他には知らない。

   『誰かが足りない』では
   「足りない」ことを肯定的にとらえていたことと通じる。

   「逃げる」からにはつらい状況があり
   そこを目をそむけずに描いていて読者もつらい。

   だけど、
   それだからこそそこからの反転に救われる。
   胸がいっぱいになる。

   そのきっかけとなる
   「たった、それだけ」のことの美しさ、尊さ。
   気づきの小説。

   そう、逃げてもいいじゃない。
   きっと何かが変わるから。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する