神さまたちの遊ぶ庭  宮下奈都  ★   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神さまたちの遊ぶ庭 [ 宮下奈都 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/7/16時点)




2017年7月発行 光文社文庫 336p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

北海道のちょうど真ん中、十勝・大雪山国立公園にあるトムラウシ。スーパーまで三十七キロという場所へ引っ越した宮下家。寒さや虫などに悩まされながら、壮大な大自然、そこで生きる人々の逞しさと優しさに触れ、さまざまな経験をすることになる。『スコーレNo.4』の宮下奈都が「山」での一年間を綴った感動エッセイを文庫化。巻末に、「それから」を特別収録。

【感想】

   よい!よい!
   何度読んでもよい!

   大自然の中で、
   小さなコミュニティの中で、
   生きることについての深い真摯な思いに
   背筋を伸ばされ、
   日々の楽しいエピソードや
   宮下さんの突っ込みに
   ぷぷっと笑わされ、
   そのふたつのミックス具合が絶妙で
   もはや名人芸。

   文庫に足された「それから」「あとがき」で
   なっちゃんをはじめとするトムラウシの皆さんの
   その後が知れてそれもうれしい。

   トムラウシという地域に、
   宮下家というご家族が移住されて、
   それを宮下さんが文章になさるという、
   それこそ神さまからのプレゼントのような一冊。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する