U (ウー)  皆川博子  ☆   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

U [ 皆川 博子 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2018/1/28時点)




2017年11月発行 文藝春秋 424p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

1915年、ドイツ。第一次世界大戦ー。イギリスを中心とする連合国に追い詰められたドイツ帝国海軍は、Uボートに捕虜救出作戦を命じた。敵の機雷網や爆雷を潜り抜け、決死の作戦を完遂できるか。英仏海峡を越える任務に命を懸けた兵士たちの矜持。1613年、オスマン帝国。中世ヨーロッパー。最後の輝きを見せるオスマン帝国で、豪華絢爛な宮廷生活をおくる王に、捕らわれた少年。母国語を奪われ、イスラム教徒へと強制改宗させられながらも、遠き故郷への帰還をあきらめない少年兵の運命。滅びゆくオスマン帝国と、黄昏のドイツ帝国Uボート。“数奇な運命”に翻弄される若者たちの物語。

【感想】

   は~。壮大な夢を見ているようだった。

   夢って終わりかけになるとそれと気づいて
   「どうか悪いようにはなりませんように」と願うけれど、
   この本も読んでいて本気で願った。
   祈った。
   心臓が痛くなるくらいに。

   1915年のドイツ、特殊任務を帯びたUボートと
   1613年のオスマン帝国、豪奢な宮廷・混沌とした戦場。

   ふたつの時代・場所をつなぐのは、
   Uボート乗組員二人と図書館司書、
   そして故郷から強制徴募された奴隷少年兵三人。

   そのつながりを明らかにするのは膨大な手記。

   キーワードは「塩」。

   すごくすごく面白かった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する