ビーンボール  本城雅人   






2014年3月発行 文藝春秋 387p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

金に拘る姿勢から「ゼニバ」と呼ばれる代理人善場。担当の結城投手のFA交渉が難航するなか、強豪チームの元・四番で問題児の瀬司が失踪した。善場の宿敵で瀬司の元妻の羽田は、結城への干渉をやめる条件に、瀬司探しを善場に提案するが。敏腕代理人の奔走を描く異色のスポーツ小説。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する