FC2ブログ

モモコとうさぎ  大島真寿美  ★   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モモコとうさぎ [ 大島 真寿美 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/12時点)




2018年2月発行 KADOKAWA 320p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

働くって、生きるってどういうことだろうー。モモコ、22歳。就活に失敗して、バイトもクビになって、そのまま大学卒業。もしかして私、世界じゅうで誰からも必要とされてないー!?何をやってもうまくいかなかったり、はみだしてしまったり。寄るべない気持ちでたゆたうように生きる若者の、云うに云われぬ憂鬱と活路。はりつめた心とこわばった躰を解きほぐす、アンチ・お仕事小説!

【感想】

   わーい!面白かった!!

   22歳のモモコ、育ちがかなり複雑。
   就活に失敗して家出し友人や兄のところで居候になったあと、
   その後偶然出会った人たちの家をふらふら移り住んでいく。

   この登場人物たちが風変わりで
   モモコと交わす会話がべらぼうに面白く、
   モモコがそれを通じてちょっとずつ自分がわかってくるのを、
   おー、よしよし!と思いながら読んでたけれど、
   いや別に特に自分探しが成功しなくても、
   こうやって人と出会いながら生きていく様子が面白くて
   それで大満足。
   (自分探しが成功したかどうかはナイショ) 

   モモコが知る社会の様子が、
   ブラック企業や民間軍事会社?や
   外国人労働者搾取や限界集落やシェアハウスなど、
   現代を反映していてそれも興味深かった。

   そして、うさぎ、うさぎ!
   説明できないよ、これ。
   おかしいわ、これ~(喜んでいる)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する