嘘の木  フランシス・ハーディング   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嘘の木 [ フランシス・ハーディング ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/2/20時点)




2017年10月発行 東京創元社 416p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

高名な博物学者サンダリー師による世紀の発見、翼ある人類の化石。それが捏造だという噂が流れ、一家は世間の目を逃れるようにヴェイン島へ移住する。だが噂は島まで追いかけてきた。そんななかサンダリー師が死亡する。娘のフェイスは父の死因に疑問を抱くが…。謎めいた父の手記。嘘を養分に育ち、食べた者に真実を見せる実のなる不思議な木。フェイスはその木を利用して、父の死の真相を暴く決心をする。コスタ賞大賞・児童文学部門賞をダブル受賞した大作ファンタジー。

【感想】

   イギリスヴィクトリア朝の時代、
   科学に興味を持つ14歳の少女が
   父親の死の真相究明に立ち向かう。

   女性にとって窮屈な時代、
   彼女の奮闘がたくましく、
   また彼女の気づきが尊く、
   ストーリーとともに女性の自立にも思いをはせられて
   面白かった。

   ひとつファンタジー要素あります。
   もともと著者がファンタジー作家で、児童書として書かれたとのこと。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する