完璧じゃない、あたしたち  王谷晶  ☆   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完璧じゃない、あたしたち (一般書) [ 王谷 晶 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/2/20時点)




2018年1月発行 ポプラ社 351p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

友達?仲間?憧れ?…恋?この関係に名前はつけられない、でも、あなたじゃないとだめ。そんな女同士の物語×23!

【目次】(「BOOK」データベースより)

小桜妙子をどう呼べばいい/友人スワンプシング/ばばあ日傘/Same Sex,Different Day./北口の女/しずか・シグナル・シルエット/姉妹たちの庭/十本目の生娘/だからその速度は/陸のない海/春江のトップギア/イエローチェリー・ブロッサム/腹の町(落語 頭山より)/あなたのことを考えると無駄になる/ときめきと私の肺を/戯曲 グロい十人の女/夢で見た味/ヤリマン名人伝/シオンと話せば/カナちゃんは足が無い/ファー・アウェイ/東京の二十三時にアンナは/タイム・アフター・タイム

【感想】

   うほほーい。面白かったよ!
   
   いろんな女同士を描く短編集。24のお話。

   ぎゅっと凝縮されぱっと展開する小気味よさや、
   しみじみした味わいや、
   わたしの固定観念をぶっとばしてくれる爽快さや、
   背筋をひんやりさせる得体の知れなさとか。

   好みは「しずか・シグナル・シルエット」「だからその速度は」
   「あなたのこと考えると無駄になる」「ときめきとわたしの肺を」
   「東京の二十三時にアンナは」「タイム・アフター・タイム」かな。

   各短編のタイトルも素敵。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する