最愛の子ども  松浦理英子  ☆   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最愛の子ども [ 松浦 理英子 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/6/3時点)




2017年4月発行 文藝春秋 216p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

“パパ”日夏、“ママ”真汐、“王子”空穂。わたしたちの心をかき立てるのは、同級の女子高生三人が演じる疑似家族。時代を切りひらいて来た作家、最新にして最高の傑作!

【感想】

   女子高生たち。

   ’ファミリー’とみなされる三人と
   それを見守る’わたしたち’。

   リアルと’わたしたち’が妄想する三人の姿が溶け合う世界の、
   尊さと美しさとあやうさが最高だった。

   そこに襲いかかる現実さえも踏みにじって行く
   彼女らがただただ愛おしい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する