あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続  宮部みゆき  ☆   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 [ 宮部 みゆき ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/6/27時点)




2018年4月発行 KADOKAWA 576p

【内容情報】(出版社より)

江戸は神田の筋違御門先にある袋物屋の三島屋で、風変わりな百物語を続けるおちか。 塩断ちが元凶で行き逢い神を呼び込んでしまい、家族が次々と不幸に見舞われる「開けずの間」。 亡者を起こすという“もんも声”を持った女中が、大名家のもの言わぬ姫の付き人になってその理由を突き止める「だんまり姫」。屋敷の奥に封じられた面の監視役として雇われた女中の告白「面の家」。百両という破格で写本を請け負った男の数奇な運命が語られる表題作に、三島屋の長男・伊一郎が幼い頃に遭遇した椿事「金目の猫」を加えた選りぬき珠玉の全五篇。人の弱さ苦しさに寄り添い、心の澱を浄め流す極上の物語、シリーズ第一期完結篇!
第一話 開けずの間
第二話 だんまり姫
第三話 面の家
第四話 あやかし草紙
第五話 金目の猫

【感想】

   シリーズ第一期完結編。

   冒頭の「開けずの間」がものすごく怖かったけれど、
   次の「だんまり姫」がとてもあたたかくしみじみしてよかった。

   おちかの人生が大きく動きます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する