じっと手を見る  窪美澄   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

じっと手を見る [ 窪美澄 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/6/27時点)




2018年4月発行 幻冬舎 279p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

富士山を望む町で介護士として働く、かつて恋人同士だった日奈と海斗。老人の世話をし、ショッピングモールに出掛けることだけが息抜きの日奈の家に、東京に住む宮澤が庭の草刈りに通ってくるようになる。生まれ育った町以外に思いを馳せるようになる日奈。一方、海斗は、日奈への思いを断ち切れないまま、同僚の畑中との仲を深め、家族を支えるために町に縛りつけられていくが…。読むほどに打ちのめされる!忘れられない恋愛小説。

【感想】

   なんだか身勝手な人たちと、
   それをつい受け入れてしまう人の出てくる連作短編集。

   暮らしがうまくいかないと人間は
   そうなってしまうんだろうかと思わせられるけれど、
   そうじゃない人もいるよね。

   「柘榴のメルクマール」は悪趣味だなと思った。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する