はじめての沖縄  岸政彦   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめての沖縄 (よりみちパン!セ) [ 岸 政彦 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/7/13時点)




2018年5月発行 新曜社 256p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

沖縄って、何だろう。沖縄って、どういう場所なのだろう。私たちは、沖縄をどう語るのだろう。若き日に、うなされるように沖縄に恋い焦がれた。やがて研究者として沖縄に通い始める。そこで出会った不安と心細さ、はじめてみた孤独な風景。何度でもくり返し、その風景に立ち戻りながら、沖縄で生まれ育った人びとが語る人生の語りを記録し、そこから沖縄の「歴史と構造」へと架橋する。かつてない、はじめての“沖縄本”。著者撮影の写真多数収録。

【感想】

   沖縄について語りながら、
   その語り方についても考え続けている一冊。

   記号化せずに「沖縄」を、
   そしてその周りにある「境界線」を届けようとする、
   ご自身の迷いも隠さない、
   真摯な文章がとてもよくて、ときどき泣きそうになった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する