ののはな通信  三浦しをん   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ののはな通信 [ 三浦 しをん ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/7/13時点)




2018年5月発行 KADOKAWA 456p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

横浜で、ミッション系のお壌様学校に通う、野々原茜(のの)と牧田はな。庶民的な家庭で育ち、頭脳明晰、クールで毒舌なののと、外交官の家に生まれ、天真爛漫で甘え上手のはな。二人はなぜか気が合い、かけがえのない親友同士となる。しかし、ののには秘密があった。いつしかはなに抱いた、友情以上の気持ち。それを強烈に自覚し、ののは玉砕覚悟ではなに告白する。不器用にはじまった、密やかな恋。けれどある裏切りによって、少女たちの楽園は、音を立てて崩れはじめ…。運命の恋を経て、少女たちは大人になる。女子の生き方を描いた傑作小説。女子校で出会い、運命の恋を得た少女たちの20年超を、全編書簡形式で紡いだ、女子大河小説の最高峰。

【感想】

   ののとはな。

   女子高時代から始まり、大学時代、40代になってからと
   二人が交換し続けた
   膨大な手紙・メール等によって描かれる、
   二人の交流・人生・変化。

   手紙を書くということは相手に向き合うのと同時に、
   自分自身にも向き合うことなのかもしれない。

   読み終えた今、
   読み始めた当初には思いもしなかった地点に連れて行かれた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する