FC2ブログ

水曜日の手紙  森沢明夫   



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水曜日の手紙 [ 森沢 明夫 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/1/24時点)




2018年12月発行 KADOKAWA 288p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「水曜日郵便局」とは…水曜日の出来事を記した手紙を送ると、かわりに見知らぬ誰かの日常が綴られた手紙が届くという、一週間に一度・水曜日だけ開くちょっと不思議なプロジェクト。家族が寝静まった夜更け、日課として心の毒をこっそり手帳に吐き出していた井村直美は、そんな自分を変えたいと、夢を叶えた理想の自分になりきって空想の水曜日をしたため、「水曜日郵便局」に手紙を出す。一方、絵本作家になる夢を諦めた今井洋輝も婚約者のすすめで水曜日の手紙を書いていた。会うことのない二人の手紙は、やがてそれぞれの運命を変えていきー。

【感想】

   とある私設郵便局宛に水曜日の出来事を綴った手紙を出せば
   そこがシャッフルして他の人の手紙が届くって面白いアイデアだな~と思ったら
   実際にあったシステムだって(昨年12月に閉局)。

   それに救われた二人のお話。 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する