FC2ブログ

忍びの国  和田竜 「今日どんな本をよみましたか?(197358)」 



2008年5月発行 新潮社 277p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

伊賀一の忍び、無門は西国からさらってきた侍大将の娘、お国の尻に敷かれ、忍び働きを怠けていた。主から示された百文の小銭欲しさに二年ぶりに敵の伊賀者を殺める。そこには「天正伊賀の乱」に導く謀略が張り巡らされていた。史実に基づく壮大なドラマ、われらの時代の歴史小説。

感想

   戦闘場面は 情景が目に浮かぶようで なかなか。
   でも なぜ戦うのか、戦わないのかについて 説明がくどい感じがする。
   主人公は 一応「無門」なんだろうけれど
   その他に魅力的な人物を出しすぎて 視点がさだまらない。
   前作「のぼうの城」に比べると ちょっと残念かも。
   
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyonkiti2012.blog.fc2.com/tb.php/483-d9cc6394