FC2ブログ

オリンピックの身代金  奥田英朗  



2008年11月発行 角川書店 524p

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。同時に「東京オリンピックを妨害する」という脅迫状が当局に届けられた!しかし、この事件は国民に知らされることがなかった。警視庁の刑事たちが極秘裏に事件を追うと、一人の東大生の存在が捜査線上に浮かぶ…。「昭和」が最も熱を帯びていた時代を、圧倒的スケールと緻密な描写で描ききる、エンタテインメント巨編。

感想
   
   昭和の「熱」を感じさせてくれる作品。
   今からたかだか45年ほど前の日本は こんなに貧しかったのかと
   再認識しました。   

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyonkiti2012.blog.fc2.com/tb.php/670-bcc18794